ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

「安いサロン」と「価格の安いサロン」は違う!前者と思われたら経営に支障が出る

「安いサロン」と「価格の安いサロン」は違う

 

混合されがちですが、「安いサロン」と「価格の安いサロン」は全く違います

 

美容業界の個人オーナーでは価格が安いとブランド価値が下がると言っている方が多いのですが、これは間違いです。

 

全くの間違いではないですが、半分ぐらいは間違っていますね。

 

というのも金額を高く設定して来店頂くというのが、サロン商売で働く方の考え方なので、そのような考え方が一般化しております。

 

それでは安いサロンと価格の安いサロンの違いを紹介していきます。

 

 

 

安いサロンとは?

 

安いサロンというのは、高いお金を出す価値がないサロンの事です。

 

例えば町の60分2980円のもみほぐし屋さんがこれに該当します。

 

金額は勿論の事ですが、簡易的な内装の作りやセラピストの年齢や性別を見ても高級感はありません。

 

ただ、言葉が否定的ではありますが、戦術としてはリラク業界で最も成功しているビジネスモデルなので、安いサロンを他のサロンオーナーがバカにする事は、自分が惨めになるだけなのでやめておきましょう。

 

安いサロン戦略は、あえて高級感を出さず気軽に来店しやすい環境にしており、1日50人という人数をも集客が出来るサロンも数多くあります。

 

やはり、高級感があると、美容意識が低い方は行きづらいし躊躇してしまいます。
その点安いサロンはスウェットやジャージでも行けるので、ターゲット層は広くなり薄利多売が成立するのです。

 

 

 

価格の安いサロンとは?

 

価格の安いサロンは、高いお金を出す価値があるのにも関わらず安い金額で提供しているサロンの事です。

 

例えば、内装が綺麗、セラピストに実力がある、ターゲットを絞っている等のサロンです。

 

一見すると、何故価値があるの安い金額なのか?と疑問に思うかもしれませんが、これも戦略の一つです。

 

リラクゼーションサロンは、参入障壁が低く気軽に開業ができますので、数多くのサロンがあります。

 

その為、価格を安くするという事で集客を容易にする目的があります。
コラム:安売りをするのはダメなのか?【自称コンサルタントがサロンを潰す】

 

 

「安いサロン」にさせない為にどうしたらいい?

 

先ほど価格の安いサロンの特徴を書きましたが、実は一歩間違えてしまうと「安いサロン」になってしまう危険性があります。

 

安いサロンとお客様が認識してしまえば、サロン経営にもろに響いてきますので注意したいところです。

 

安いサロンにならない為に誤解してはいけないのが、客単価を下げる安いメニューがあると、それは「安いサロン」になってしまう危険性があるという事です。

 

私が言いたいのは施術時間が長い割には価格が安いメニューにしろ!という事です。

 

例えば「20分2000円」「60分4000円」というメニューがサロン内で最安値という2つのサロンがあるとします。

 

この場合「20分2000円」の方が安いサロンと認識されてしまう恐れがあります。何故ならお客様としては2000円で受けられる!と思ってしまうからです。

 

対して60分4000円のサロンでは、時間の割には価格が安いがそれでも4000円は最低でも使わないといけないという認識が生まれますので、安いサロンにはなり得ないのです。

 

 

 

じゃあどうやって客単価を上げればいいのか?

 

価格の安いサロンの陥りがちなミスとして、全部のメニューが全部安いという価格にしてしまい、お客様はくるけど利益が低いという事態に陥りやすいのです。

 

価格の安いサロンは、あくまでも集客を容易にする為に安くしているだけなので、メインとなる商材以外は安く設定しはいけません

 

お客様というのは、リピーターから常連になるにつれ、客単価が上がっていくのが普通です。
しかも、本来価値の高いサービスを提供していのに価格が安いサロンであったら尚更です。

 

分かりやすいサブメニューでいったら物販です。

 

物販はお客様の数が多ければ多い程売上も上がりますので、是非とも取り入れたいですね。
コラム:ドライヘッドスパ専門店で物販をやった方が良い理由は?売上の3割を確保できる!

 

他にもオプションを追加したりという事も有効です。

 

 

 

ドライヘッドスパのスクール生募集・受講情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
スクール拠点

【名古屋校】【千葉校】【東大阪校】【山梨校】

詳しい拠点は「こちら

取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

3日間 150,000円(税込)

5日間 180,000円(税込)

5日間(平日限定) 150,000円(税込)

増毛コース 1日間 130,000円(税込)

無料サービス

1・スクール前の施術体験  ※名古屋校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)※名古屋校で開催

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供  ※名古屋校・千葉校のみ

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

直営サロン
【愛知県名古屋市】 ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 大須本店
【愛知県名古屋市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 丸の内店
【広島県広島市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 広島店
【千葉県千葉市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 千葉店
【大阪府東大阪市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 東大阪店
【愛知県名古屋市】アロママッサージ専門店ヘッドミントアロマ
【愛知県名古屋市】発毛サロン ゼウス発毛

ディプロマ画像

教科書画像

 

 

 

堀田直義のyoutube

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる