ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

リラクゼーションサロンで新型コロナウイルスの影響はどのくらいある?

目次

①コロナウイルスの影響はどのぐらい?
②そもそも街に人が歩いていない
③そんな中どんな人がお客様として来ている?

 

 

 

①コロナウイルスの影響はどのぐらい?

 

ドライヘッドスパのスクールを名古屋と大阪で授業をしている、日本ドライヘッドスパスパスクール協会の堀田です。

 

2019年12月31日からコロナウイルスの報道がされはじめ、1月末ごろから日本でのマスク不足が目立つようになりました。

 

2月初めには、感染者が乗っていたクルーズ船が乗客を横浜で下船させられなかったことから、 話題が大きく広がっていきます。

 

2月はリラクゼーションサロン閑散期と言われていますが、コロナウイルスの影響でより拍車を掛けて来店数が減っています

 

 

 

②そもそも街に人が歩いていない

 

名古屋駅周辺、栄駅周辺、ヘッドミント所在地である大須商店街も歩いている人がかなり減った印象です。

 

普段外国人観光客や食べ歩きに来ている若者で溢れている大須商店街ですが、今は閑散としています。

 

飲み会や打ち合わせ等の自粛、リモートワークへの切り替えによって、仕事終わりの団体客が見込めず近所の飲食店もダメージを受けているようです。

 

 

 

③そんな中どんな人がお客様として来ている?

 

コロナウイルスで自粛ムードのなかご来店頂くのは、リピーターのお客様や、コロナウイルスの影響で仕事の減った方が来店されているように感じます。

 

リピーターのお客様は、定期的にメンテナンスを受ける目的でご来店頂いているので、さほど減っているという印象はありません。

 

コロナウイルスが流行っているけど、リラクゼーションサロン等のマッサージだけは行くというお客様の声も多いです。

 

コロナウイルスの影響でお仕事が減ってしまい、時間を持て余しているというお客様は、普段仕事が忙しく、こういうときにしか来られないからと週に何回もご来店頂いております。

 

忙しいと自分自身のメンテナンスがおざなりになってしまうので、行けるうちに行っておきたいとのことでした。

 

ヘッドミントでは、コロナウイルス対策を行っております。次亜塩素酸を用いて、お客様毎にブースの清掃しています。施術の合間合間に窓を解放して、こもった空間にならないようにしております。

 

施術中はお顔の施術がありますので、マスクを外して受けて頂くことが多いですが、お顔の施術なしでマスクをしたまま受けることも可能ですので、いつでもお申し付けくださいませ。

 

スタッフもマスク着用はもちろんですが手洗いうがいを念入りに、常に清潔な状態で施術しております

 

施術後はお客様へも手洗いうがいを推奨しておりますので、ご協力頂ければ幸いです。

 

 

スクール情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
直営サロン ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント
取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

1日間 60,000円

3日間 120,000円

5日間 150,000円

5日間(平日限定) 120,000円

スクール場所

愛知県名古屋市中区大須3-24-21 ライオンズマンション916

大阪府東大阪市長田東2-2-1 木村第一ビル4F

無料サービス

1・スクール前の施術体験※名古屋校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)※名古屋校で開催

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供※名古屋校のみ

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

ディプロマ画像
The following two tabs change content below.
「株式会社じむや」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」3社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。