ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

レンタルサロンでドライヘッドスパ専門店をやるのは有り?集客は可能か

レンタルサロンでドライヘッドスパ専門店をやるのは有り?

 

最近、レンタルサロンという動きが活発になってきている印象があります。

 

元々、レンタルサロンとしての事業を行っている企業だけでなく、自分のサロンをレンタルサロン化したりと場所貸しビジネスが注目されています。

 

レンタルサロンでサロンをやるのは有りか?という内容ですが、ドライヘッドスパに限らず無しです。

 

厳しい事を言いますが、レンタルサロンでやっていこう!という結論に考えについた方は、はっきり言って経営センス0ですので、雇われて働いた方が良いです。

 

 

 

レンタルサロンでドライヘッドスパをやるのがダメな理由

 

ここではレンタルサロンでドライヘッドスパをやるのがダメな理由を紹介します。

 

 

専門性が薄れる

基本レンタルサロンは、あらゆるサロンサービスを想定して作られています。

 

代表的なところで言えば

 

  • 美容師
  • エステティシャン
  • アイリスト
  • ネイリスト
  • セラピスト
  • 整体師

 

等に貸すように作られています。

 

そうすると何が起こるか?答えは専門性が薄れて集客能力が低下してしまいます。

 

借り手側から見たら、色んなサービスが受けられて顧客を紹介しあえるという相乗効果が生まれるかも!というメリットに目が行きがちですが、お客様からしたら同じハコでやっている総合的な施設としか認識されません。

 

今の時代は「専門店」という特化型のマーケティングが主流で、総合であったりトータルビューティーというのは、大手でしか通用しないやり方です。

 

レンタルサロンを使うような個人中の個人サロンでは、絶対に考えてはいけない手法なのです。

コラム:ドライヘッドスパを成功させたいなら「専門性」「逆張り」「ニッチ」を理解する事

 

 

個人主義から抜け出せない

レンタルサロンのダメなところとして、あくまでも個としてでしか通用しないところです。

 

世の中、数多くの成功企業は「ブランド」を意識しています。個ではなく「集合体」で考えている訳です。

 

この考え方は、個人の力量に頼って集客をするのではなく、看板により集客をするので顧客の獲得が安定します。

コラム:マンパワーに頼るリラクサロンは潰れる?経営者はリスクヘッジをしなさい!

 

ですので、レンタルサロンで営業をしていても一生自分一人がせかせかと働かなければいけない状態になりますので、おすすめしません。

 

これが、自分で借りたテナントだと規模が小さくてもブランドとして確立が出来るのです。

 

 

そもそもレンタルサロンは立地が悪い

全てのレンタルサロンを知っている訳ではありませんが、基本的にレンタルサロンがある場所は立地が悪いです。

 

私も10店舗以上のサロンの出店をお手伝いしてきましたので、間違ってはいないはずです。

 

場所が良ければ自分たちでサロンを出店している訳ですからね。

 

個人的には、2~2.5等地ぐらいのところにレンタルサロンはあるイメージです。

 

駅から近いとか、そういう事ではなく集客が出来る場所というのは本当にピンポイントなので、ビックターミナルから徒歩3分!みたいなのはあてになりません。

コラム:ドライヘッドスパ専門店を出店する際の唯一無二の立地選定基準

 

 

 

場所貸しビジネスは大家以外儲からない

 

私はサロン業だけではなく、不動産オーナーという肩書もありますので、このあたりの事は詳しいのですが、そもそも土地と建物を丸々所有していていないと場所貸しビジネスは儲かりません。

 

例えば以下の様な物が場所貸しビジネスと言われています

 

  • レンタルサロン
  • コワーキングスペース
  • シェアオフィス
  • コインロッカー
  • コインランドリー
  • 駐車場

 

サービスを提供するにしても人件費が極端に低いビジネスの事ですね。

 

コロナ禍になってから、人を雇う事がリスクと考えてこれらの場所貸しビジネスが再燃していますが、まあ儲かっている人はほぼいないです。

 

考えてみたら当たり前で「大家」→「店子」という流れが「大家」→「場所貸しビジネス主」→「店子」となる訳なので、儲かる訳が無いのです。

 

僕から言わせて頂ければ、撤退しまくっている場所貸しビジネスが多いという事は、それだけ利用者が少ない事を意味します。

 

お客様がバンバン入る様なレンタルサロンであったら、それこそ借り手側の相乗効果というメリットがある訳なので、利用者はウナギ上りに増えるはずです。

 

 

 

ドライヘッドスパのスクール生募集・受講情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
スクール拠点

【名古屋大須本校】【名古屋丸の内校】【千葉校】【広島校】【東大阪校】【山梨校】

詳しい拠点は「こちら

取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

3日間 150,000円(税込)

5日間 180,000円(税込)

5日間(平日限定) 150,000円(税込)

発毛コース 1日間 98,000円(税込)

スクール特典

1・スクール前の施術体験  ※名古屋校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)※名古屋校で開催

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供  ※名古屋校のみ

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

8・当協会オリジナルブランド「Lix(リクス)」ヘアケアシリーズの取り扱い

直営サロン
【愛知県名古屋市】 ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 大須本店
【愛知県名古屋市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 丸の内店
【岐阜県岐阜市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 岐阜店
【神奈川県藤沢市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 藤沢店
【広島県広島市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 広島店
【千葉県千葉市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 千葉店
【大阪府東大阪市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 東大阪店
【愛知県名古屋市】アロママッサージ専門店ヘッドミントアロマ
【愛知県名古屋市】発毛サロン ゼウス発毛

ディプロマ画像

教科書画像

 

 

 

堀田直義のyoutube

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる