ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

ドライヘッドスパで嬉しい事や辛い事はある?【口コミ恐怖症】

目次

①ドライヘッドスパをやってて嬉しい事
②ドライヘッドスパをやってて悲しい事

 

 

 

①ドライヘッドスパをやってて嬉しい事

 

どんな職業でもやってて嬉しいのと、辛いことあると思いますが今回はドライヘッドスパの嬉しいことと辛いことをご紹介します。

 

まず嬉しいことですが、やっぱり「気持ちいい!」「軽くなった!」「寝ちゃってた~」

 

など、お褒めの言葉を頂いた時は心の中でガッツポーズするくらい嬉しいです。

 

またドライヘッドスパは人を寝かせることに重きを置いて施術をしているので、お客様がぐっすり気持ちよさそうに寝ているのを見れるのがとても嬉しいです。

 

たまに「寝ちゃってもいいんですか?」「寝ちゃってました、、、」など聞かれたり言われたりすることがあるんですが、もちろんいいですし、こっちは寝かせにいってるので寝てもらって全然いいです!寝てリラックして日々の疲れを落として言ってくださいね!

 

寝ているか微妙な時は耳を近づけてスース―言っているのか確認したりします。

 

お客様の中にはイビキをかいている方も多いですが、20代ぐらいの若い女性の場合は寝ていてもあまり分からなかったりします。

 

特に顔の上半分をタオルで隠していますからね。

 

どの職業でもそうだと思いますが、達成感があったりするととてもうれしいですよね。

 

 

 

②ドライヘッドスパをやってて悲しい事

 

お客様を満足させることが出来ないことが一番悲しいですね。

 

ドライヘッドスパやセラピスト、この業界の方にはわかっていただけると思いますが、お客様にも個性があります、そして施術者にも個性があります。一人一人同じメニューを行ったとしても全く同じ施術は出来ないのです。

 

当協会のスクールでもまるまる同じ手技を教えるのではなく、生徒さんの手の形や温度、力の強さによって教える内容を変えたりしています。

 

お客様にあった施術なのかどうかは、もちろんお客様が決めることですし、こちらも1番満足させるやり方を探してやりますが、この人に合う合わないは必ず出てきます。

 

お客様の中でこの人の施術が1番自分に合ってるという方に出会って貰いたいものですが、「前回やってもらった人もうまかったですよね」とか言われると施術者としてちょっと嫉妬してしまいますよね。

 

最初はセラピストやりたいなと思って働き出しても、施術の回数を重ねる内にお店で1番になりたい!誰にも負けたくない!という欲求が出てくると思います。

 

それから一番ダメージが大きいのは「ホットペッパー」「EPARKリラク&エステ」の口コミですね。

 

この2つは誰が書いたか分かってしまうし、そのご来店された時は「すごい気持ち良かったです!」と言っていても低評価が付いてたりすると、すごい落ち込みますしやっぱり悲しいですね、力不足を実感します。

 

ネットの集客がメインのサロンだと、口コミの数も増えてきますので、いつ低評価がつくのか割とびくびくします。

 

良い評価だった時に「嬉しい!」と思うより「低評価じゃなくて良かった」という安堵感の方が強いですね。

 

個人的には「良い口コミ5つ=悪い口コミ1つ」でプラマイゼロって感じですね。

 

 

 

スクール情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
直営サロン ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント
取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

1日間 60,000円

3日間 120,000円

5日間 150,000円

5日間(平日限定) 120,000円

スクール場所

愛知県名古屋市中区大須3-24-21 ライオンズマンション916

大阪府東大阪市長田東2-2-1 木村第一ビル4F

無料サービス

1・スクール前の施術体験※名古屋校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

ディプロマ画像
The following two tabs change content below.
「株式会社じむや」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」3社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。