ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

ヘッドマイスターとはどんな資格?【悟空のきもちのスクール事業】

目次

①ヘッドマイスターとはどんな資格?
②ヘッドマイスターの資格を取るのは難しい?
③危険という噂は本当?

 

 

 

①ヘッドマイスターとはどんな資格?

 

ヘッドマイスターの資格に関してですが、一体どんな資格なのでしょうか?

 

まずはヘッドマイスターという資格がどの様なものなのかを説明させて頂きます。

 

元々ヘッドマイスターという称号は、「悟空のきもち」という頭部に重点を置いたリラクゼーションサロン発祥の「ドライヘッドスパ協会」が考案した独自の資格です。

 

つまりヘッドマイスターというのは、「頭のスペシャリスト」と言い換えることが出来ます。
頭部を中心に施術を行い、揉み解すことでリラックスさせるプロフェッショナルということです。

 

しかしヘッドマイスターは、ドライヘッドスパ協会しか認定を行なっておらず、その他の協会では学ぶ内容も異なってきます。

 

ヘッドマイスター言葉自体は業界に広まってきていますが、ドライヘッドスパ協会以外が運営しているスクールでは、同じ内容を学ぶことはできません。

 

他にヘッドマイスターの認定を謳っているスクールがあっても、ドライヘッドスパ協会とは全く違う技術となります。

 

実は「ドライヘッドスパ」という言葉も、ドライヘッドスパ協会・悟空のきもちの代表を務めている方が考案した言葉なんです。

 

 

 

②ヘッドマイスターの資格を取るのは難しい?

ヘッドマイスターの認定を受けるには、技術や理論の講義を合計42時間受講する必要があります。

 

42時間の講義を7日間掛けて受講する形となります。全ての講義の受講が終わると「ヘッドマイスター資格認定試験」の受講することができます。

 

これだけ見ると、「7日間の講義を受講すれば認定を受けられるのかな?」という気持ちになりますが、恐らく試験は技術と理論の項目の2つがあると予想されます。

 

しかし、7日間の講義を受けただけで合格できるものなのでしょうか?

 

気になったので、ヘッドマイスター認定の合格率を調べてみました。
すると合格率は「10%前後」と出て来ました。…なかなかな難易度ですね。

 

この数字は7日間の講義を受講した直後の試験の合格率です。

 

確かにお客さんに満足してもらうレベルのヘッドマイスター認定を貰おうと思うと、並大抵のことではありません。

 

覚える事も7日間掛けて学んでいきますが、かなりの努力をしないと頭に入れるのは簡単ではありません。

 

技術・理論共に学習のスピードに個人差があるので、努力量やセンスによって成熟度は変わって来ます。

 

しかし、無料の補講も用意されているので、最初の試験で合格できなかった人は、補講を受けて再挑戦していく形です。

 

当協会の直営サロン「ドライヘッドスパ専門店 ヘッドミント」のスタッフが悟空のきもちのスクールに行っておりましたので、内容を下記の記事にまとめてありますので、気になる方は一読下さい。

 

リンク:「ヘッドマイスターの卒業生にインタビュー!感想や評判は?

 

 

 

③危険という噂は本当?

 

ヘッドマイスターと検索すると、「危険」というワードが検索予想で出て来ます。

 

「悟空のきもち」がテレビ等のメディアで取り上げられる様になってから、一気に知名度が跳ね上がりました。
知名度が上がった事で、「悟空のきもち」に予約が殺到し数ヶ月待ちになる程の人気となりました。

 

人気店となり知名度が上がった事で、ドライヘッドスパ=悟空のきもちという認識がかなり広がったと思います。

 

この様な理由で、ヘッドスパサロンを経営している人や開業する人が、ヘッドスパの専門店を開いたり頭部の施術に特化したコースを新設したりといった、類似サービスが登場して来ました。

 

そうなってくると、類似サービスを悟空のきもちと関係のあるサービスだと勘違いする人が少なからず出てきます。

 

例えば、「仙豆のち〇ら」というドライヘッドスパ専門店があり、ドラゴンボール繋がり?と連想する名前になっております。

 

その他、あからさまに悟空のきもちの内装を丸パクリした様なサロンも多いです。

 

類似と言っても、ドライヘッドスパ協会のヘッドマイスター認定を受けている方とは手技の技術内容が違う為、どうしても「テレビで言ってたのと違う」となります。

 

悪質なお店はワザと紛らわしい名前を付けて、集客を誘引している事もあるので、「偽物があるので危険ですよ」というという意味で出て来た言葉では無いかと思われます。

 

もちろんしっかりした施術やプロモーションを行っている優良なサロンも多くあるので、事前にどんなサロンなのかを調べてから来店するのが良いですね。

 

 

スクール情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
直営サロン ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント
取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

1日間 60,000円

3日間 120,000円

5日間 150,000円

5日間(平日限定) 120,000円

スクール場所

愛知県名古屋市中区大須3-24-21 ライオンズマンション916

大阪府東大阪市長田東2-2-1 木村第一ビル4F

無料サービス

1・スクール前の施術体験※名古屋校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

ディプロマ画像
The following two tabs change content below.
「株式会社じむや」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」3社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。