ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

サロンの営業日や営業時間の決め方【ゴールデンタイムを知る】

目次

①サロンの営業日や営業時間の決め方
②地域の特色を調べて最終的に決めよう!

 

 

 

①サロンの営業日や営業時間の決め方

ゴールデンデイ(繁忙日) 金曜日・土曜日・日曜日
平日のゴールデンタイム(繁忙時間) 17時~20時
土日祝のゴールデンタイム(繁忙時間) 13時~17時

 

ドライヘッドスパサロンを開業する上で営業時間を何時~何時までにすればいいのかという事を考える必要があります。

 

これはドライヘッドスパに限らない事ですが、サロンにはゴールデンデイとゴールデンタイムという言葉があります。

 

ゴールデンデイは、1週間の内で一番来客が多い曜日の事です。
金曜日・土曜日・日曜日がそれにあたりますが、その中でも順位があり「土曜日>>日曜日>金曜日」という順位でお客様が多いです。

 

勿論、祝日といった日も来客は多いです。

 

ゴールデンタイムは1日で一番来客が多い時間です。

これは曜日によってバラバラですが、平日は17時~20時頃まで、土日祝は13時~17時が多いです。

 

ゴールデンデイは地域の特性によって変わったりしますが、どのリラクゼーションサロンでもこのゴールデンタイムはあまり変わりません。

 

この時間が一番お客様が来る時間となっているので、サロンを営業する上で絶対に開けておきたいですね。

 

 

 

②地域の特色を調べて最終的に決めよう!

 

先ほど「ゴールデンデイは地域の特性によって変わる」と書きましたが、最終的にはゴールデンタイムも含めて地域の特色を調査して決めるのがベストです。

 

例えば、当協会の直営サロンである「ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント」は大須商店街の中にあります。

 

対して、名古屋や伏見あたりのビジネス街にあるサロンが同じような営業時間にしらたいいのかといったら違います。

 

ヘッドミントでは名古屋市で一番のドライヘッドスパ専門店にする!というスローガンがあるので、年中無休で11時~23時まで営業するといった戦略がありますが、大須商店街は20時になると真っ暗になる為、人通りが一気に減ります。

 

なので、本来であれば20時閉店にするのが正しいのですが、逆に商店街が暗くなる分、1店舗だけギラギラ光ってたら広告効果も意外に高いのではないか?と考えて23時までと設定しました。

 

また、ドライヘッドスパを受けるならそのまま直ぐに寝たいという思うだろうというニーズ的要素も考慮しています。

 

その為、夜遅くでも毎日予約は入っております。

 

この様に、ゴールデンデイやゴールデンタイムはあくまでも参考程度にとらえて、経営戦略によって決めるのが正しいと思います。

 

 

スクール情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
直営サロン ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント
取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

1日間 60,000円

3日間 120,000円

5日間 150,000円

5日間(平日限定) 120,000円

スクール場所

愛知県名古屋市中区大須3-24-21 ライオンズマンション916

大阪府東大阪市長田東2-2-1 木村第一ビル4F

無料サービス

1・スクール前の施術体験※名古屋校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

ディプロマ画像
The following two tabs change content below.
「株式会社じむや」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」3社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。