ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

ドライヘッドスパ専門店が生き残る道は「オムニチャネル化」の成功!

オムニチャネル化とは?

出典:今さら聞けない「オムニチャネル」とは?顧客のメリットを起点に体験をデザインする

 

まず、オムニチャネルという言葉を解説したいと思います。

 

オムニチャネル(Omnichannel)とは、複数の販売チャネルを活用する「マルチチャネル」販売(小売り)の進化形で、リアル(実店舗)とネット(インターネット通販)の境界を融解する試み[1]。購入(販売)以外の顧客の行動についても、包括的・双方向で捉えようとするところがポイントである
引用:ウィキペディア(Wikipedia)

 

簡単に言えばネットとリアルの融合してユーザーへの付加価値を上げましょうという事です。

 

例えば、ホットペッパーを契約して集客をするのも一つのオムニチャネル化と言えます。

 

なので、サロンとして当たり前にやっている事がオムニチャネルという考え方です。

 

 

 

ドライヘッドスパ専門店でのオムニチャネル化の例

 

先ほどはオムニチャネルの説明をしましたが、ここでは実際にドライヘッドスパ専門店が行っているオムニチャネルの例をご紹介します。

 

 

ショールームのオムニチャネル【フック】

最近話題の製品と言えばGMコーポレーションが発売している「デンキバリブラシ」という製品があります。

 

この製品は非常にドライヘッドスパと相性が良いのですが、価格が18万円と非常に高額です。

 

そこで、ドライヘッドスパサロン内で、デンキバリブラシと試しつつ販売もするというモデルが広がりつつあります。

 

ヘッドミントが先駆け的にやっていましたが、かなり上手くいっている戦略と噂になり、各地でこの様なオムニチャネルが展開されています。

 

頭や顔に関連する製品はドライヘッドスパ専門店が手を付けやすいので、別の良い製品があれば試すのも良いでしょう。

 

キモとしては「自社製品」もしくは「有名な製品」を多くても5つ以内で取り扱う事が絶対条件です。

 

話題になってないけど良い製品というのはたくさんありますが、本当に良くても知名度が無いと売りにくいですし、商品数が多いとお客様も迷いますし、セラピストも力を入れてPRしないです。

 

 

本業や副業とのオムニチャネル【ジョイント】

先ほどは製品をフックにしてサロンに呼び込むというような戦略でしたが、この場合は既に別事業をやっていたりこれから別事業を展開し、ドライヘッドスパ専門店とジョイントさせるというやり方です。

 

例えば、私の本業としてはOA機器のリース販売会社である株式会社じむやを経営しております。

 

一見するとドライヘッドスパと全く関わりが無いと思いますが、営業トークとして「今回契約して頂いたら、ヘッドミントの施術〇回無料券差し上げます」というのをたまに使っております。

 

人件費としてはざっくりと1回の施術で1500円、施術は4000円だとすると、5回無料にしても大した金額ではありませんが、お客様としては特典が付くという付加価値がありますので、契約の最後の後押しになる事もあります。

 

新聞屋さんが契約してくれたらディズニーのチケットあげます!というのと同じですね。

 

商売をしていたら、ジョイントさせようと思ったらなんでもジョイントは可能です。

 

ドライヘッドスパ専門店で独自性を出すのは非常に難しいので、別事業があるなら上手く組み合わせられないか検討してみましょう

 

 

企業提携のオムニチャネル【コラボレーション】

これは厳密にいうと自社での顧客の囲い込みという訳ではありませんのでオムニチャネルに該当するかは別の話ですが、幅広いチャンネルという意味では有効ですのでご紹介します。

 

これは自分のサロンと別の企業とのコラボレーションをするということです。

 

分かりやすい事例でいうと「ヨガ」「ネイル」「マツエク」「ジム」等の美容健康系のサロンとの提携がイメージしやすいと思います。

 

また、「ホテル」「結婚相談所」「オフィス」といった提携も有りでしょう。

 

 

 

オムニチャネル化の成功=ドライヘッドスパ専門店の成功

 

市場を見ればドライヘッドスパ専門店はまだまだ出店が増えると思います。

 

その中であなたのサロンが生き残る為にはオムニチャネル化の成功は必須です。

 

純粋にドライヘッドスパ専門店の多店舗展開を目指しているのは、個人サロン~大手サロンまでどこも同じです。

 

ただ、数十の多店舗展開をする為には、どうしてもフランチャイズという手法でないとなかなか難しいです。

 

ではフランチャイズ加盟をする人は何を見て加盟を決めるのか?それはあなたのサロンだけの強みがある事です。

リンク:ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集

 

何でも良いです。

 

集客・知名度・自社コンテンツ・加盟条件、何か秀でていないと加盟しませんし、やりがいアピールじゃ加盟店様は付いてきません。

 

明確な利益を求められますので、ドライヘッドスパが好きだからではなく、ドライヘッドスパが儲かりそうだからやるのです。

 

思考停止はサロンの質を下げますので、常に考えをアップデートしましょう。

 

 

 

ドライヘッドスパのスクール生募集・受講情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
スクール拠点

【名古屋大須本校】【名古屋丸の内校】【千葉校】【広島校】【東大阪校】【兵庫校】【山梨校】

詳しい拠点は「こちら

取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

3日間 150,000円(税込)

5日間 180,000円(税込)

5日間(平日限定) 150,000円(税込)

発毛コース 1日間 98,000円(税込)

スクール特典

1・スクール前の施術体験  ※名古屋校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)※名古屋校で開催

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供  ※名古屋校のみ

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

8・当協会オリジナルブランド「Lix(リクス)」ヘアケアシリーズの取り扱い

直営サロン
【愛知県名古屋市】 ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 大須本店
【愛知県名古屋市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 丸の内店
【岐阜県岐阜市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 岐阜店
【神奈川県藤沢市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 藤沢店
【和歌山県和歌山市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 和歌山駅前店
【広島県広島市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 広島店
【千葉県千葉市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 千葉店
【大阪府東大阪市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 東大阪店
【愛知県名古屋市】メンズ脱毛サロンGentle Status(ジェントルステータス)
【愛知県名古屋市】アロママッサージ専門店ヘッドミントアロマ
【愛知県名古屋市】発毛サロン ゼウス発毛

ディプロマ画像

 

 

 

堀田直義のyoutube

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる