ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

美容事業を始めるならドライヘッドスパ専門店の出店からが一番良い理由

美容事業を始めるならドライヘッドスパ専門店の出店からが一番良い理由

 

ここ最近、男性の美容意識の高まりで、男性の経営者から美容の会社や部門を作りたいという相談がそこそこあります。

 

ただ、そういう方はお客さんとして通っているだけで専門的な知識も無いし、人材のリスク(その子が辞めたら事業もとん挫)も抱えているので、なかなか手を出しずらいと考えている経営者は多いです。

 

その点でいうとドライヘッドスパ専門店は、最初の美容事業としてはかなり優秀です。

 

 

求人にそこまで困らない

美容師やネイルやまつエクといったサロンは有資格者で無いと難しいので、そもそもの求職者の母数が少ないです。

 

また、サロン数も滅茶苦茶あるので分散してしまって、全然応募が無いというのはザラです。

 

「サロンのスタッフ=商品」という商売だからこそ、懸念材料でもあるのです。

 

その点、ドライヘッドスパ専門店は0から作ったサロンでもそこそこ求人応募があります。

 

資格も要りませんし、外から見たらキラキラした女性の職場というイメージがあるので、色々な方からの応募があります。
コラム:ドライヘッドスパ専門店は求人募集をしたらちゃんと応募があるの?

 

 

デビューまでの期間が数日

先ほど「美容師やネイルやまつエクといったサロンは有資格者で無いと難しい」と書きましたが、そのハードルよりも採用してからデビューさせるまでのハードルもあります。

 

一般的に言われているのが、「美容師3年」「ネイリスト6か月」と長期に渡り修行が必要になります。

 

また、離職率も見逃してはなりません。

 

そもそ美容業界の給料というのは、かなり低いのが通説です。

 

美容師のアシスタントだと手取り13万とかが普通だったりします。

 

手取りが20万円超えるのはそこそこの人材でないと難しいのです。

 

ドライヘッドスパ専門店はというと、デビューさせるまで数日。ここ最近だと3人中2人が未経験者でしたが、3日でデビューさせてます。

 

素早く利益を生むセラピストになりますし、辞めたところで次のセラピストもすぐデビューさせる事が出来るのです。

コラム:ドライヘッドスパの研修期間は?【未経験者がデビューするまで】

 

 

色々な経験のある子から応募がある

これは「ヘッッドミント【FC加盟資料】」でもメリットとして記載しておりますが、ドライヘッドスパ専門店は美容師・エステティシャン・セラピストの中間の業種と思っておりますので、様々な方からの応募があります。

 

その為、自分が将来やりたい展開を目指せる人材が来やすいです。

 

ドライヘッドスパ専門店からエステサロン
ドライヘッドスパ専門店からネイルサロン
といった事が可能になります。

 

1店舗のサロンがあるだけでも、ランニングコストが毎月100万以上はザラに掛かってきます。

 

ドライヘッドスパ専門店という保険があるだけでも、気軽に他のサロンを展開しやすいです。

 

 

ブームではなく定着になった後でも人気NO1のメニュー

毎年色々なブームが発生しますが、そのほとんどが1年以内にブームが終わり衰退していきます。

 

ドライヘッドスパは2018年にブームとなってから、4年経った2022年でも人気のあるサロンメニューとなっています。

 

ホットペッパーでは「ヘッドスパ(ドライヘッドスパ)」というワードが全世代で1番検索されており、手堅いサービスです。

 

 

 

最初に手を出してはいけない美容部門は?

 

ここではドライヘッドスパ専門店と違い、手を出してはいけない美容部門をご紹介します。

 

 

美容ディーラー

美容ディーラーは所謂美容製品の商社の事です。

 

メーカーから卸してもらい営業をするのですが、自社製品でもない限りいきなりディーラーから始めるのは費用対効果がよろしくありません。

 

というのも、一つ売って単価が数百円とかザラなので全然儲かりません。

 

また、大手の化粧品等は大手ディーラーが特殊条件を貰っている為勝てません。

 

 

オール機械で施術するサロン

機械で施術をするサロンは流行っている時は良いものの、2・3年もすれば新しい機械が登場し一気に衰退してしまいます。

 

この手のサロンで良く月商○○○万円!みたいな広告がありますが、それは一時的な話で継続してその数字が出る事はほぼありません。

 

何故なら、その機械が儲かると分かれば、一気に広まりますし安く提供するサロンも出てくるからです。

 

また、別の美容事業に手を付けようにも身に付くスキルが少ないので、他に手が出せる事業の選択肢も少なくなります。

 

 

 

ドライヘッドスパのスクール生募集・受講情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
スクール拠点

【名古屋大須本校】【名古屋丸の内校】【千葉校】【広島校】【東大阪校】【山梨校】

詳しい拠点は「こちら

取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

3日間 150,000円(税込)

5日間 180,000円(税込)

5日間(平日限定) 150,000円(税込)

発毛コース 1日間 98,000円(税込)

スクール特典

1・スクール前の施術体験  ※名古屋校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)※名古屋校で開催

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供  ※名古屋校のみ

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

8・当協会オリジナルブランド「Lix(リクス)」ヘアケアシリーズの取り扱い

直営サロン
【愛知県名古屋市】 ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 大須本店
【愛知県名古屋市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 丸の内店
【岐阜県岐阜市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 岐阜店
【神奈川県藤沢市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 藤沢店
【広島県広島市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 広島店
【千葉県千葉市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 千葉店
【大阪府東大阪市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 東大阪店
【愛知県名古屋市】アロママッサージ専門店ヘッドミントアロマ
【愛知県名古屋市】発毛サロン ゼウス発毛

ディプロマ画像

教科書画像

 

 

 

堀田直義のyoutube

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる