ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

フランチャイズ募集をしているドライヘッドスパ専門店10選!

フランチャイズ募集をしているドライヘッドスパ専門店10選!

店名 加盟金 ロイヤリティ 店舗数
ヘッドミント 【Aパターン】0円
【Bパターン】100万円
【Aパターン】2万円~6万円
【Bパターン】0円
15店舗
meleep 200万円 売上の6% 3店舗
アリエス 132万円 売上の8% 3店舗
ひつじのあくび 165万円 不明 1店舗
たくみのて 150万円 不明 1店舗
仙豆のちから 不明 不明 22店舗
王様の昼寝 不明 不明 11店舗
Yurikago 不明 不明 1店舗
癒しーぷ 不明 不明 8店舗
天使の眠りソマンジュ®︎ 不明 不明 1店舗

 

 

 

ドライヘッドスパ専門店の開業には2パターンある

 

ドライヘッドスパ専門店を開業しようとすると「自分で0から開業」もしくは「フランチャイズ加盟で開業」の2つがあります。

 

 

自分で0から開業のパターン

このパターンの多くはドライヘッドスパスクールに行ってから、自分一人の力で開業します。

 

メリット・デメリットは単純でロイヤリティを払わない代わりに、ノウハウ0で立ち上げないといけない事です。

 

自分1人の自宅サロンで開業しようとしているのであれば問題ありませんが、経営者としてやっていくなら時間も費用もかかり過ぎるのでおすすめはしません。

 

今は各主要都市に有力なドライヘッドスパ専門店が根付いている状態ですので、それを巻き返すのはぶっちゃけ至難の業です。

 

私がまた0からドライヘッドスパ専門店を立ち上げろと言われたら、別のビジネスを探します。

 

 

フランチャイズ加盟で開業

このパターンは、既に有名なサロンのノウハウと看板を貰って独立するパターンです。

 

メリット・デメリットは、ロイヤリティを支払う代わりに立地調査から毎月のコンサルタントまで幅広くサポートしてくれるところです。

 

ドライヘッドスパ専門店のフランチャイズ加盟はサロン経営初心者におすすめ出来ますが、条件的にみて採算が合わないフランチャイザーがほぼ大半なので、ぶっちゃけ微妙です。

 

自分で書くのも自画自賛になってしまいますが、ヘッドミントの条件レベルであればフランチャイズ加盟した方が得だと思います。

 

 

 

ドライヘッドスパのフランチャイズ加盟をすれば儲かる?

 

当協会が運営する「ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント」だけではなく、日本全体のFC本部も含めてですが、フランチャイズに入れば儲かるか?という疑問があると思います。

 

結論から言えば、儲かる確率は上がる程度になります。
必ず儲かる!というように断言する本部は超危険です。

 

色々な独自施策を打っているヘッドミントですら最初の3ヶ月~6ヶ月は厳しいとお伝えしています。

 

詳しくは「ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集」をご覧ください。

 

 

 

ドライヘッドスパ専門店のFC本部の裏の実態

 

ここでは実際に私がリサーチしたり、聞いたりしたドライヘッドスパ専門店のフランチャイズ展開をしている または しようとしているサロンの実態をご紹介します。

 

 

無料相談を餌にフランチャイズの営業をしてくる

ドライヘッドスパの事何でも無料で相談に乗ります!といって、一通り話したところでフランチャイズの営業をしてくるサロンもあったりします。

 

そもそもフランチャイズという商品の営業というのは、本末転倒で加盟店オーナーからもっと話を聞きたい!というアプローチが無い限りはしてはいけないものだと思っています。

 

何故なら、一般的な製品と性質が全く違うからです。フランチャイズの本部と加盟店はノウハウを提供する変わりにロイヤリティをもらうという関係なので、余程本部としての実力やメリットが無い限りは、僕なら営業は出来ません。

 

ヘッドミントでもやれないと思っています。

 

 

何故か上から目線

ドライヘッドスパ専門店のFCに限らずですが、基本は「本部=ホスト」「加盟店=ゲスト」な関係の訳です。

 

しかし、怪しいフランチャイズ本部は何故か加盟店に対し、強気な姿勢が多いイメージです。

 

大体言われるのが、社長が怪しそうで不信感があったですね。

 

数百万円を使って自分でビジネスを行おうとしている方は、それなりの思いがある訳なので、基本的には頭の悪い人はいません。

 

余程自分たちのフランチャイズの仕組みが良く、出店した瞬間に勝ちが確定しているようなサロンが出来るなら私も上から目線で行く可能性は0じゃありませんが、ドライヘッドスパ専門店のフランチャイズでそんな仕組みを作っているところは知りませんからね。

 

 

そもそもノウハウが無い

ドライヘッドスパ専門店のフランチャイズをしているところは、オープンした後は何もやってくれません。

 

後は看板使って勝手に営業してね!が基本のスタンスです。

 

本来はどこの本部ももっと加盟店の為に何かしてあげないとと思っているはずですが、私から見て何も出来ていないのが現状です。

 

それは何故か?ノウハウが無いからです。

 

ノウハウと一言にいっても色々あると思いますが、集客に繋がりそうなノウハウであったら、とりあえずは何でもいいのです。

 

例えば「自社メディアを持っている」「本部の紹介でないと出店できない立地がある」「独自のキャッシュポイントを用意できる」等ですね。

 

寧ろこれらが一つも無いのにフランチャイズ本部は儲かるからやっている!という姿勢のところが多すぎのが問題なのです。

 

 

 

ドライヘッドスパ専門店のフランチャイズ加盟を考えた時に見るべきポイント

 

ここでFC加盟を考えた時に最低限見るべきポイントについてご紹介します。

 

 

看板(サロン名)の強さ

先ほども書いた様に、基本ドライヘッドスパ専門店のFC本部は何もやらないと思ってください。

 

しかし、その中でも看板の強さというのは、肌感覚として加盟するかどうかのファクターになります。

 

個人的にフランチャイズを募集しているサロンで、看板の強さだけで加盟先を選ぶとしたら

 

◇ヘッドミント
◇仙豆のちから
◇meleep(メリープ)
◇王様の昼寝

 

ですね、これらは業界ではネームバリューがあるブランドだと思います。

 

申し訳ないですが、それ以外の本部の看板を使ったところで、それ自体が集客につながるとは思いません。

 

なんなら上記4ブランドでも、ドライヘッドスパ自体の知名度が一般層まで十分に下りてきてないので、看板に絶対的な集客力があるとは言えません。

 

 

すぐに利益が出せるというのは嘘

フランチャイズは一件でも決まれば入ってくる利益は相当デカいので、平気で嘘を付いたり、数字を盛ったりするフランチャイザーもいます。

 

現在進行形の話で将来的な不安要素等はガン無視して話す事もありますね。

 

サロン経営は飲食店とは違い、ストック型のビジネスです。

 

その為、開店当初が一番多い飲食店とは違い、ドライヘッドスパ専門店は開店当初が一番お客様が少ないです。

 

認知度が徐々に広まり、将来的に安定した経営が出来るのが強みですが、最初から儲かりますよ!と安易に言ってくるのは加盟を検討する人をビジネスパートナーとして見ていない証拠です。

 

弊社では、3か月~6ヶ月後に利益が出てきますとお伝えしています。

 

 

月額ロイヤリティが固定ではなくパーセンテージ

サロンのフランチャイズのロイヤリティは「固定〇万円」か「売上の〇%」という条件が多いですが、個人的にパーセンテージ方式はおすすめはしません。

 

まずオーナーが手放しでドライヘッドスパ専門店をやるなら、小さいサロンでも100万円以上の月商がないと赤字です。

 

オーナーの手取りが50万円を目指すとなると、ロイヤリティは計算に含めずに月商200万円ぐらいは必要です。

 

リラクゼーションサロンは1対1のビジネスなので、売上が上がれば上がるだけ人件費や広告費も増えます。
パーセンテージのロイヤリティも売上が高い程、加盟店が損をしますので結果的に全然儲からないのです。

 

また、サロン経営で一番難しいのは最初だけで、オープンから半年もすれば本部がアドバイスできる範囲なんて限られてきます。
売上が上がれば上がる程何もしていないのにロイヤリティだけが上がっていきますので、本部と加盟店で揉める原因となります。

 

ぶっちゃけドライヘッドスパ専門店で月間のロイヤリティを10万円払っても良いフランチャイザーは弊社含めて無いと思っています。

 

 

独自の集客方法やキャッシュポイントを持っているかどうか

業界内で有名なドライヘッドスパ専門店はいくつかありますが、正直な話世間一般からも広く認知されているサロンなんてありません。

 

ドライヘッドスパという言葉も知らない方が大多数です。

 

その為、看板だけで勝負しようとしても絶対に碌な事になりません。

 

そもそも有名なサロンでもホットペッパーに掲載しているだけの集客しかしていないところも多いです。

 

「最初の立ち上げのノウハウ」「ホットペッパー以外の集客の仕組み」「サロンの利益をブーストさせるキャッシュポイント」があって初めて、加盟に値するものと思っております。

 

ですので看板と同様にユニークな集客戦略というのは重要です。

 

ここが出来ていないと、競合が周りに出来た時にもろに客層がバッティングし、値下げ合戦が始まります。

 

FC募集ページに「独自のシステムで集客!」みたいな事が書いてありますが、そんなものは存在していないか本当に効果あるの?という様な対策で、PRするまでもないです。

 

フワッとした集客対策とかは完全にこのパターンなので気を付けましょう。

 

正直なところ、ここの部分で魅力が無ければFCでやらずに、スクールで技術だけ習って自分でやった方が良いです。

 

 

 

ドライヘッドスパのスクール生募集・受講情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
スクール拠点

【名古屋大須本校】【岐阜校】【神奈川藤沢校】【広島校】【和歌山校】【東大阪校】【兵庫校】【山梨校】

詳しい拠点は「こちら

取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

3日間 150,000円(税込)

発毛コース 1日間 98,000円(税込)

スクール特典

1・スクール前の施術体験  ※名古屋校/神戸校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(3日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)※名古屋校で開催

4・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

5・無料の宿泊施設のご提供  ※名古屋校のみ

6・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

7・当協会オリジナルブランド「Lix(リクス)」ヘアケアシリーズの取り扱い

直営サロン
【愛知県名古屋市】 ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 大須本店
【愛知県名古屋市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 名駅店
【愛知県名古屋市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 丸の内店
【岐阜県岐阜市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 岐阜店
【石川県白山市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント イオン松任店 
【東京都豊島区】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 池袋店
【東京都新宿区】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 新宿店 
【神奈川県藤沢市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 藤沢店
【京都府京都市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 京都祇園店
【和歌山県和歌山市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 和歌山駅前店
【広島県広島市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 広島店
【埼玉県川越市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 川越店
【千葉県八千代市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 勝田台店
【千葉県千葉市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 千葉店
【大阪府東大阪市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 東大阪店
【愛知県名古屋市】メンズ脱毛サロンGentle Status(ジェントルステータス)
【愛知県名古屋市】アロママッサージ専門店ヘッドミントアロマ
【愛知県名古屋市】発毛サロン ゼウス発毛

ディプロマ画像

 

 

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ加盟店募集

サンプル画像

 

当協会はドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを運営しております。

全国18店舗(契約数)を展開している当グループのフランチャイズ加盟店を募集しております。

ドライヘッドスパだけでなく、他業種のサロンFCと比べてもダントツの好条件を提示しております。

話だけでも聞いてみたい!という事でも大歓迎です。

皆様のお問い合わせお待ちしております。

 

 

 

堀田直義のyoutube

The following two tabs change content below.
1人で経営している株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。 ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを2カ月で単月黒字にし、3年で17店舗まで拡大させる。堀田のYouTubeチャンネルでは、200人の登録者数で約2000万円の売上を作る。Lix公式オンラインショップ(育毛ECサイト)を運営し、ドライヘッドスパと育毛の融合に挑戦中。