ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

ドライヘッドスパスクールの卒業生の進路は?受けようと思った理由一覧

サロンは女性の憧れの職業

 

当協会では過去2年間で約200名の卒業生がおります。

 

サロンをやる 又は 働くという事は女性の中でも要望されている方は非常に多いです。

 

これは求人応募頂いた例ですが、40歳ぐらいのベテラン看護師で現在月給60万円程を貰っているという方が面接に来ました。

 

求人票にも書いてありますが、最初は20万円からスタートで可能な限りレベルアップしたとしても、セラピストで60万円は払えないです。

 

それでも第二の人生としてドライヘッドスパサロンで働いてみたい!という思いがありました。

 

スクールを受けられる方だと様々な動機があります。

 

 

 

ドライヘッドスパスクールの卒業生の進路は?受けようと思った理由一覧

卒業後の進路予定 おおよその割合(複数回答有り)
ドライヘッドスパ専門店の開業 約60%
サロンのメニューに加える 約20%
ヘッドミントのフランチャイズ加盟を検討 約10%
他のスクールのセカンドオピニオン 約10%
とりあえずドライヘッドスパの資格が欲しい 約5%
家族にやってあげたい 約3%以下
ドライヘッドスパ専門店から採用される為 約3%以下

 

ここではドライヘッドスパスクールに応募した方の卒業後の予定をご紹介します。

複数回答有りなので合わせても100%になりません。

 

 

ドライヘッドスパ専門店の開業

やはりドライヘッドスパのスクールを受けようと思った理由としてダントツで多いのが開業です。

 

リラクゼーションサロンは、小規模で始めようとすればいくらでも安く開業が可能で、手元の資金が少なくすみます。

 

また、ボディですと体力が必要だったり、既に飽和状態であったりと開業したとしても厳しい状態になりかねません。

 

その点、ドライヘッドスパは体力を必要とせず、ドライヘッドスパ専門店は出店ラッシュ中(2022年2月現在)ではあるものの、自宅サロンすらないエリアは数多くあります。

 

他のスクールでは、開業割合はもっと少ないと聞いた事がありますが、経営や集客に明るい日本ドライヘッドスパスクール協会で総合的に習いたい!という方は多いです。

コラム:ドライヘッドスパの開業費用は?【自宅サロンに必要なもの一覧】

 

 

サロンのメニューに加える

実はホットペッパービューティーで、全世代の人気ワードとしてドライヘッドスパが1位です。

 

ボディのもみほぐしがメインのサロンでは昔からヘッドマッサージというメニューがありましたが、ドライヘッドスパの人気が凄いので、ヘッドマッサージからドライヘッドスパに名称変更したサロンは、滅茶苦茶多いです。

 

勿論、名称変更したところで本当のドライヘッドスパではないですから、サロン勤務の方もスクールに習いにきます。

 

最近増えているのが、美容室経営をされているオーナー様が習いにくるケースが増えています

 

こちらもメニューの一つとして加え、アシスタントに施術をさせるという目的です。

 

 

ヘッドミントのフランチャイズ加盟を検討

これをメインの理由に考えている方は少ないですが、ヘッドミントのフランチャイズ加盟を考えているという生徒さんの声を聞きます。

 

いざ開業しようとしても、初めてサロンを出店する方ですと右も左も分かりませんので、ヘッドミントのフランチャイズ店をやりつつ2店舗目は自分の独自ブランドで!という使い方が出来ます。

 

卒業後、しばらくし経った時に相談されるケースもあります。

 

 

他のスクールのセカンドオピニオン

「他のドライヘッドスパスクールに行ったけど、お客様に提供出来るクオリティまで教えて貰えなかった」といういう方は多いです。

 

実はドライヘッドスパスクールにも良し悪しがあり、全然習得出来てないのにディプロマを発行し卒業させるところもあります。

 

これはまだマシな方で、酷いところだと元から全部教えるつもりが無いのです。

 

悪いサロンは以下の様な特徴があります。

 

  • 「独自技術」というのを強調している
  • スクール費用が高い(30万以上)
  • 受講日数が極端に短い
  • サロンじゃなくスクールに力を入れている

 

個人的に、失敗するスクールは独自技術を強調しすぎる傾向にあると思っています。

 

やってみれば分かりますが、サロンによって多少の違いがありますが、特殊な技術というのはドライヘッドスパ専門店に無いと思っています。

 

直営サロンのヘッドミントでは、技術だけなくトータルでサロンの価値は決まると思っておりますが、スクールを運営しているサロンで「独自技術!」と謳っているサロンは、周りに同じ技術があるサロンが出来ると脅威になると思っていますので、にお客様に施術が出来るまでのメニューを教えません。

コラム:ドライヘッドスパスクールの実態を紹介!お客様に提供できないレベルのスクールが増えている!

 

 

とりあえずドライヘッドスパの資格が欲しい

何か一歩を踏み出したいからドライヘッドスパの資格が欲しい!という方もおります。

 

家族にやってあげたい

 

家族が頭痛持ちだから自分でやってあげたい!という主婦の方も応募されます。

ただ、割合的にやはり少数です。

 

日本ドライヘッドスパスクール協会は、素人がドライヘッドスパのプロとしてデビュー出来るレベルまでの講習となりますが、ほんのちょっとだけ教えてほしい人向けのスクールもあったりします。

 

また、かなり経営色が強いブログ等を書いていますので、マイルドにドライヘッドスパを習いたい人からの申し込みは少ないです。

 

 

ドライヘッドスパ専門店から採用される為

ヘッドミントはスクール卒業生様を優先的にセラピストとして採用している経緯があります。

 

過去にヘッドミントで不採用になった方が、どうしてもヘッドミントに入りたくてスクールを卒業し、ヘッドミントから採用されたという方もいらっしゃいます。

 

また、ヘッドミントではなくどうしても入社したいドライヘッドスパ専門店があり、少しでも採用の確率を上げる為にヘッドミントの資格が欲しくて応募する方もいました。

 

 

 

卒業後の永久のフォローがあるのに相談しない人が多い

 

ドライヘッドスパスクールは資格を取るまでは、引かれたレールに沿って受講するだけなので全然難しくありません。

 

本当に難しいのは卒業後です。

 

「家族にやってあげたい」という理由でしたら難しい事もないと思いますが、その他の事に関して言えば無数の道が存在し迷われる可能性があります。

 

当スクールの一番のメリットは卒業後の永久フォローです。

 

月一回の無料講習会をはじめ、ご相談はいつでも無料で受付ます。

 

しかし、自分の進みたい道が決まっているが「やりかたが分からない」「不安がある」という方は非常に多いはずなのに、相談されない卒業生が多いです。

 

恐らく80%ぐらいの方が相談してきません。

 

卒業生は私堀田にいつでも相談が出来ますので、是非活用して頂きたいです。

 

 

 

ドライヘッドスパのスクール生募集・受講情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
スクール拠点

【名古屋大須本校】【名古屋丸の内校】【千葉校】【広島校】【東大阪校】【山梨校】

詳しい拠点は「こちら

取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

3日間 150,000円(税込)

5日間 180,000円(税込)

5日間(平日限定) 150,000円(税込)

発毛コース 1日間 98,000円(税込)

スクール特典

1・スクール前の施術体験  ※名古屋校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)※名古屋校で開催

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供  ※名古屋校のみ

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

8・当協会オリジナルブランド「Lix(リクス)」ヘアケアシリーズの取り扱い

直営サロン
【愛知県名古屋市】 ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 大須本店
【愛知県名古屋市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 丸の内店
【岐阜県岐阜市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 岐阜店
【神奈川県藤沢市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 藤沢店
【広島県広島市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 広島店
【千葉県千葉市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 千葉店
【大阪府東大阪市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 東大阪店
【愛知県名古屋市】アロママッサージ専門店ヘッドミントアロマ
【愛知県名古屋市】発毛サロン ゼウス発毛

ディプロマ画像

教科書画像

 

 

 

堀田直義のyoutube

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる