ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

ドライヘッドスパ専門店は近い将来に価格競争に巻き込まれる?

目次

①ドライヘッドスパ専門店は近い将来に価格競争に巻き込まれる?
②実は名古屋が価格競争になっている状態
③価格競争に巻き込まれない様にするにはどうしたらいいか?

 

 

 

①ドライヘッドスパ専門店は近い将来に価格競争に巻き込まれる?

 

 

ドライヘッドスパ専門店というのは、お手軽なのに高単価というビジネスで非常に人気です。

 

しかも、まだまだ一般層には浸透していない状態でのこの現状なので、もっと爆発的な人気になる事は間違いないです。

 

しかし、だからこそ将来的にドライヘッドスパ専門店は価格競争に巻き込まれ廃業するサロンが溢れると考えています。

 

ビジネスの基本は「シェアを取る事」です。要するに来客が多く知名度がある状態です。

 

シェアが高い企業程、倒産しにくいというデータがありますので、本当の経営者が店舗商売を始める場合は、兎に角知名度を伸ばそうと広告に投資をし、経営戦略もしっかりしたものを持って参入してきます。

 

資本力のある経営者がまだ本格的に参入してきていないですが、ドライヘッドスパ市場が美味しいと感じ取れたら物凄く強いライバルが登場します。

 

ただ単に広告に投資をするだけじゃなく、価格も激安になるでしょう。

 

そうなるとあなたのサロンは価格競争に巻き込まれ、サロンの集客も上手く行かなくなるでしょう。

 

 

 

②実は名古屋が価格競争になっている状態

 

上記の地図をご覧いただきたいのですが、「名古屋 ドライヘッドスパ」「東京 ドライヘッドスパ」で検索したサロンの点在数の画像です。

 

人口も経済もダントツで1位の東京ですら、このぐらいの密集度ですが、名古屋の場合は200メートルも歩けばドライヘッドスパサロンがあります。

 

日本TOPクラスに競合他社が多いエリアな訳ですが、名古屋では既に価格競争が起こっています

 

名古屋エリアは当協会直営サロンであるドライヘッドスパ専門店ヘッドミントが出店する前は、大体60分あたりの相場が5000円でした。

 

元々、単価がそこまで高く取れるエリアではなかったので、これでもだいぶ相場よりも安かったのですが、ヘッドミントを出店し1年経った時には60分4300円ぐらいが相場となっています。

 

当初からこの様な事態になるのは目に見えていましたので、ヘッドミントに変化はありませんでしたが、競合店は薄利多売戦略に舵を取らなければならず苦戦しています。

 

 

 

③価格競争に巻き込まれない様にするにはどうしたらいいか?

 

ある程度の人口のある市町村にドライヘッドスパ専門店をオープンしようとしたら、名古屋エリアの様な事態は遅かれ早かれ訪れます。

 

ヘッドミントという前例がある以上、第二のヘッドミントが出てきます。

 

いっその事自分のサロンがその地域に爆弾を落とすという意味で価格を下げて知名度を勝ち取るという事も出来ます。

 

ただ、この場合は施術以外でマネタイズをしっかりやらないと苦しい経営になってしまうので一長一短です。

 

また個人サロンでは薄利多売は出来ませんので、あくまでテナントサロンのみ使える技です。

 

それでは、個人サロンが価格競争に巻き込まれないようにするにはどうしたらいいのか?を書いていきます。

 

 

サービスに付加価値を付ける

例えば、「ウォーターサーバーではなくアフターティーにする」「自サロンにしかないオプションを開発する」等ですね。

 

ただ小手先だけの付加価値じゃ意味がありませんので、コンセプトから変えなければいけないでしょう。

 

簡単に書いてますが、実はかなり難しいです。

 

 

従業員の質を高める

ただ単に美人や愛嬌のある子を雇うというのも良いですが、そんな人材が都合よく集まってくれるとは限りません。

 

ホスピタリティがどれだけ重要かを理解させ、教え事のできる教育力のあるサロンにするのも明確な武器です。

 

 

立地を間違えない

私も何店舗かドライヘッドスパ専門店の立ち上げを見てきたノウハウがありますので、ドライヘッドスパ専門店に適した立地というのがあります。

 

どの店舗商売もそうですが、立地によってそのサロンの運命が決まると言っても過言ではありません。

 

立地が良ければ多少の価格競争に巻き込まれても集客に苦戦する事はないでしょう。

 

いずれにせよ、60分6000円を取れる程、施術の手間や技術習得は難しくないので相場は下がっていきます

 

 

スクール情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
直営サロン ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント
取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

1日間 60,000円

3日間 120,000円

5日間 150,000円

5日間(平日限定) 120,000円

スクール場所

愛知県名古屋市中区大須3-24-21 ライオンズマンション916

大阪府東大阪市長田東2-2-1 木村第一ビル4F

無料サービス

1・スクール前の施術体験※名古屋校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)※名古屋校で開催

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供※名古屋校のみ

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

ディプロマ画像
The following two tabs change content below.
「株式会社じむや」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」3社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。