ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

ドライヘッドスパのサロン経営に正解はないが不正解はある!経営は非常識こそ常識

ドライヘッドスパ専門店の不正解とは?

 

ドライヘッドスパ専門店等のリラクゼーションサロンにおいて正解というのは「自分が設定した目標を達成出来たかどうか」です。

 

目標というのは、個人によって違いますし、サロンの規模によっても設定する目標が違うので、一概には言えません。

 

しかし、ドライヘッドスパ専門店の失敗という定義においては明白です。それは「赤字」です。

コラム:ドライヘッドスパ専門店は赤字でも閉店は待った!営業継続ボーナスがある!

 

皆さんが儲かってなさそうだなと思うサロンは、実際に儲かってません。

 

では儲かっていないサロンが共通してやっている事をしなければ、それは正解と言えるのです。

 

 

 

ドライヘッドスパ専門店の陥りがちな不正解を紹介

 

ここではドライヘッドスパ専門店の陥りがちな不正解をご紹介します。

 

 

なるべくお金をかけずにサロン経営をしようとする

失敗しているとまでは言いませんが、集客に苦労されているサロンの多くはランニングコストの削減しか考えてません

 

売上が少ないから広告費等を削るというサロンですね。

 

でもこの場合、少ない売上から広告等の予算を削減すると、さらに売上が少なくなって悪循環が生まれてしまいます。

 

勿論、本当に無駄になっているところは1か所2か所ぐらいはあるので、そういったところを削減は問題ありません。

 

売上に繋がる広告を減らすのは悪手と言えます。逆にピンチの時こそ広告費をより使う方が良いです。

コラム:ドライヘッドスパ専門店の集客の成功の秘訣は「宣伝広告費」を上手く使う事

 

 

アルバイトや業務委託だけで回そうとする

ドライヘッドスパ専門店においての商材はセラピストです。

 

そのセラピストを安く使えるアルバイトや業務委託だけで回そうとすると、セラピストの質が下がり、お客様のサロン離れが加速してしまう可能性があります。

 

完全一人サロンならともかく、テナントサロンであれば少なくとも正社員は必要です。

 

また、アルバイトはすぐに辞める傾向があるので、教育の手間等も考えると正直おすすめはしません。

 

 

自分や自分のサロンに技術があると思い込んでいる

自信を持つことは素晴らしい事ですし、リーダーとして部下を引っ張っていく為には必要な才能です。

 

しかし、自分には技術がある!と勘違いしているセラピストは多いです。

 

技術に自信を持つと傲慢になり、お客様を見下したり選別したりします

 

本当に質の良いセラピスト程、技術ではなく接客に拘っています。

 

技術技術言うのは、コミュニケーション能力が低い方に見られがちなので、心当たりのある方はすぐに辞めましょう。

コラム:ドライヘッドスパニストは「接客7割・技術3割」で良い理由は?

 

 

地道な広報活動が正解だと思っている

広告には費用対効果という言葉が存在します。

 

例えば「1時間の作業時間と2万円の費用が掛かったが10万の売上が作れた」であれば、費用対効果が良いと言えます。
逆に「5時間の作業時間と8万円の費用が掛かったが10万の売上が作れた」であれば、費用対効果が悪いと言えます。

 

このように広告には良い広告悪い広告というのが存在しています。

 

その中でビラ配りやポスティングが有効だと思っている方が意外に多いです。

 

でもネット時代にそれは前時代的で、まさしく費用対効果が悪い広報活動と言えます。

 

無料でももっと効率の良い媒体はいくらでもあります。

コラム:ドライヘッドスパ専門店でビラ配りやポスティングは効果ある?反響率は?

 

 

 

サロン経営は「非常識こそ常識」

 

経営には「非常識こそ常識」という言葉があります。

 

これは、常識的な考えでは革新的アイディアや発送が出来ないという意味です。

 

 

アイデア発想において、常識は邪魔にしかなりません。
常識があると、枠やルールにとらわれた発想になってしまい、自由なアイデアが出にくくなります。
社会の場合、常識は武器になりますが、アイデア発想の場合、非常識が武器になります。
引用:常識は、守るものではなく、破るもの。アイデア発想では、非常識こそ武器になる。

 

 

今まで多くの生徒さんを見てきましたが、常識人な方が多いです。

 

今までは、人気のドライヘッドスパ専門店のモノマネをしていれば常識人でも勝ててましたが、これからは頭のおかしい発想をする方がドライヘッドスパ業界を引っ張っていくものと思っております。

 

サロンは非常に閉店しやすい業界と言われておりますが、非難されても罵られてもぶっ飛んだ思考が出来るのは経営者にとって正解と言えるものです。

 

 

 

ドライヘッドスパのスクール生募集・受講情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
スクール拠点

【名古屋校】【千葉校】【東大阪校】【山梨校】

詳しい拠点は「こちら

取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

3日間 150,000円(税込)

5日間 180,000円(税込)

5日間(平日限定) 150,000円(税込)

増毛コース 1日間 130,000円(税込)

無料サービス

1・スクール前の施術体験  ※名古屋校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)※名古屋校で開催

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供  ※名古屋校・千葉校のみ

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

姉妹スクール

日本育毛スクール協会

直営サロン
【愛知県名古屋市】 ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 大須本店
【愛知県名古屋市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 丸の内店
【広島県広島市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 広島店
【千葉県千葉市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 千葉店
【大阪府東大阪市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 東大阪店
【愛知県名古屋市】アロママッサージ専門店ヘッドミントアロマ
【愛知県名古屋市】発毛サロン ゼウス発毛

ディプロマ画像

教科書画像

 

 

 

堀田直義のyoutube

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる