ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

ドライヘッドスパサロンの開業資金の必要額は?【100万で開業】

目次

①ドライヘッドスパサロンの開業資金の必要額
②出張タイプ
③マンションタイプ(想定1席)
④テナントタイプ(想定4席)
⑤ロードサイド店舗タイプ(想定10席)

 

 

 

①ドライヘッドスパサロンの開業資金の必要額

出張タイプ 15万8000円
マンションタイプ(想定1席) 88万円~
テナントタイプ(想定4席) 542万円~
ロードサイド店舗タイプ(想定10席) 1050万円~

 

ドライヘッドスパのスクールを名古屋と大阪で授業をしている、日本ドライヘッドスパスパスクール協会の堀田です。

 

本当にざっくりと書けば上記ぐらいの金額となります。

 

ただ、あくまで開業資金なので、運転資金はまた別で必要となってきます。

 

それではそれぞれ説明していきます。

 

 

 

②出張タイプ

最低限の必要項目 費用
タオルや枕 3000円~
施術ベットや椅子 2万円~
PC 3万円~
電話機 5000円~
ホームページ 10万円~
総額 15万8000円~

 

店舗を構えず、依頼があれば出張するというスタイルであれば、ほぼ手元の資金は必要ありません。

 

タオルと枕を用意するぐらいです。

 

ただ、出張ドライヘッドスパの需要はあるものの、市場に認識がされていないサービスなので集客が難しく、コストがかからない分儲けも少ないでしょう。

 

また、ドライヘッドスパで使う椅子を持ち運ぶ事はなかなか難しいので、施術椅子も必要はないと思います。

 

 

 

③マンションタイプ(想定1席)

最低限の必要項目 費用
家賃(敷金礼金1か月分含む) 30万円~
内装(調光機能とBGM機能は必須) 20万円~
間接照明 5000円~
アロマデュフューザー 1万円~
PC 3万円~
電話機 5000円~
ホームページ 10万円~
リクライニングチェア 2万円~
タオル(20セット分) 1万円~
その他雑費 20万円~
総額 88万円~

 

この88万円~の内訳として上記の様なものが必要となります。

 

これはどのタイプのサロンにも共通して言える事ですが、ドライヘッドスパ専門店を出店するなら人が集まりやすい駅から徒歩3分以内に出しましょう。

 

その為、マンションタイプであれば月に10万円以上の場所を選ぶのが効果的です。

 

マンションの内装は大きく変更は出来ないものの、比較的にサロンとして問題ない内装のところも多い為、内装費は安く済むでしょう。

 

マンションタイプを選択するぐらいですから、席数は多くても3席だと思いますので最低限の上記の装備さえあればドライヘッドスパサロンとして稼働は出来ます。

 

ただ、サロンを開業してみると分かるのですが、開業費用としてこれぐらいあれば良いだろうと用意していた金額よりもなんやかんやでお金が飛んでいきますので、自分の中で必要としている資金のプラス20万円は手元に用意しておきましょう。

 

 

 

④テナントタイプ(想定4席)

最低限の開業時の必要項目 イニシャルコスト
テナント料(敷金保証金10か月分含む) 200万円~
内装(調光機能とBGM機能は必須) 200万円~
業務用エアコン 50万円~
間接照明×5 25000円~
業務用アロマデュフューザー 3万円~
ドレッサー×4 4万円~
PC 3万円~
電話機 5000円~
レジスター 5万円
レジ金 5万円分
ホームページ 10万円~
リクライニングチェア×4 8万円~
フェイスタオル(100枚) 1万円~
その他雑費 50万円~
総額 542万円~

 

大体4席以上のブースを考えているのであれば、マンションタイプは選択せずにテナントとして出す事を推奨します。

 

マンションの場合、同じサービス同じ技術だったとしても、入りずらさからお客様の母数は少なくなります。

 

そうなると土日でもなかなか4席を埋める事が出来ません。

 

色々な競合を調査をした結果、一番コスパの良いテナント料として月々20万円ぐらいが丁度良いです。

 

20万のテナント料であれば、立地的にも悪くはありませんし、比較的にテナント代がそこまで重荷にならない金額ですからね。

 

内装はスケルトンか居抜きになっていますが、ドライヘッドスパサロンは暗めの空間が適しているので、変にこだわりを持ってお金をかける必要はありません。

 

ポイントとしては、「ブースは壁で仕切られているか」「ブース事に調光が効くか」「BGMのスピーカーが満遍なく聞こえるか」という点に注視すればいいと思います。

 

資金に余裕があれば、完全個室にしてとなりのブースからイビキが聞こえない様にするのも良いです。

 

やはり、カーテンと半個室のブースの場合、イビキがうるさいというクレームがどうしても入ってしまうので、完全個室というだけでもかなり集客するにあたってメリットです。

 

テナントに出店しているドライヘッドスパ専門店で完全個室のサロンは、恐らく20%以下だと思います。

 

後はフェイスタオルですが、とりあえず最初は100枚用意すれば良いでしょう。

 

頭の下やデコルテにかけるタオルはレンタルタオルを使用するのが良いです。
全部自分達で洗濯をしていると余計な労働に時間を取られてしまい、効率が悪くなってしまいます。

 

テナントにてサロンを出店する場合は、オーナー兼セラピストとして管理業務をメインにする方がサロンを客観的に見れて自分のお店の弱点や強みが見えきて、経営を安定させやすいです。

 

 

 

⑤ロードサイド店舗タイプ(想定10席)

最低限の開業時の必要項目 イニシャルコスト
テナント料(敷金保証金10か月分含む) 400万円~
看板(ポール・ファサード等) 150万円~
内装(調光機能とBGM機能は必須) 200万円~
業務用エアコン 100万円~
間接照明×10 5万円~
業務用アロマデュフューザー×2 3万円~
ドレッサー×10 40万円~
PC 3万円~
電話機 5000円~
レジスター 5万円
レジ金 10万円分
ホームページ 10万円~
リクライニングチェア×10 20万円~
フェイスタオル(400枚) 4万円~
その他雑費 100万円~
総額 1050万円~

 

まず、ロードサイド店舗とは郊外の大通りに面している店舗の事を指します。

 

繁華街の路面店に独立したドライヘッドスパサロンを借りようとしても絶対に採算が合わないのやめておきましょう。

 

あくまでもドライヘッドスパはリラクゼーション業界のニッチをついたビジネスなので、ボディの様にターゲットを曖昧にしていません。

 

また、繁華街にはドライヘッドスパサロンができやすいので、価格勝負でも競合に負けてしまいます。

 

完全に路面店として出すなら、郊外の交通量の多い大通りに出すのは大いに有りです。

 

ドライヘッドスパ専門店という業態でロードサイドに出している店舗は知りませんので、先行者利益を獲得出来る可能性も十分にあります。

 

ただ、気を付けたいのはロードサイドで出す以上、開業資金は1000万円は最低でも用意しないといけません。

 

この1000万円の内訳の大半は看板に使ってください。
なるべく大きく目立つ看板が望ましいです。

 

通常広告を出す時は毎月お金を支払いますが、看板は一度作ってしまえば永久的に0円です。

 

この看板で毎月20万円程するホットペッパー並みの集客力が得られる訳ですから、単純に1年で元が取れるのです。

 

なので、看板には費用をかけるべきなのです。

 

そのぐらいの覚悟がないとなかなかロードサイド店舗で出店するのは難しいでしょう。

 

 

スクール情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
直営サロン ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント
取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

1日間 60,000円

3日間 120,000円

5日間 150,000円

5日間(平日限定) 120,000円

スクール場所

愛知県名古屋市中区大須3-24-21 ライオンズマンション916

大阪府東大阪市長田東2-2-1 木村第一ビル4F

無料サービス

1・スクール前の施術体験※名古屋校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)※名古屋校で開催

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供※名古屋校のみ

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

ディプロマ画像
The following two tabs change content below.
「株式会社じむや」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」3社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。