ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

【参入障壁が低い】ドライヘッドスパは「人」と「多少の金」があれば出来る!

ビジネスの基本的な構成は「人・物・金」+「情報」

 

基本的にビジネスは「人」「物」「金」という経営資源があれば何でもできると言われております。

 

最近では「情報」が加わり4大経営資源と言われていたりします。

優秀な人材
良い製品
事業を運営していくキャッシュ
情報 ノウハウ・技術・顧客数等

 

となります。

 

特に重要と言われているのが人ですね。

 

人は物と金を動かすので、人がいなければ経営は成り立ちません。

 

しかしながら、これは割と規模のある一般的な企業の事なので、ドライヘッドスパ経営に全て必要かというとそうではありません。

 

 

 

ドライヘッドスパ専門店は「人」と「多少の金」があれば出来る!

 

私がドライヘッドスパ専門店の経営に必要だと思うのは「人」「金」で、「物」は要りません。

 

 

ドライヘッドスパ専門店においての「人」

先ほども書きましたが経営資源として一番必要となってくるのが人です。

 

この「人」には社長やオーナーという人も入ってくるので、社長一人でビジネスを構築できれば人は要りませんね。

 

今はネットでビジネスをする人も多く、お金の流れが自動化出来ている人もおります。

 

ただ、それも限界があり、会社を大きくしようと思うと絶対に抜いてはならないのが人です。

 

特にドライヘッドスパ専門店は人ありきの商売ですので、良い人材をどれだけ囲えるかがサロンにとっての命運に繋がっていきます。

 

しかし、他のリラクゼーションと違い、デビュー出来るまで3・4日程あれば現場に立たせる事ができますので、技術や経験よりもホスピタリティがあるかどうかという点を重要視した方が良いです。

 

 

ドライヘッドスパ専門店においての「物」

ここが他の業種と大きく違う点です。

 

ドライヘッドスパで必ず必要な設備というのがリクライニングチェアのみです。

コラム:ドライヘッドスパの施術椅子は電動リクライニングチェアが最適

 

極論いえば、成功うんぬんかんぬんを除けば、これだけでドライヘッドスパ専門店を名乗れます。

 

エステサロンの場合は、機械だけでも数百万円というのもザラにあります。

 

その点で初期費用がかなり抑えられます。

 

では物がない事によってメリットしかないのか?と言えばそうではありません。

 

「物」は会社にとって他社との差別化になりますので、「物」が良ければ人と金が脆弱でも会社を大きくする事が出来ます。

 

しかし、物がないドライヘッドスパの場合は、他社が物にリソースを使っていた分を人(セラピスト)と金(サロンの立地や内装)に回して差別化をするしかありません

 

単純だからこそ難しいと言えます。

 

 

ドライヘッドスパ専門店においての「金」

サロンビジネスというのは基本お金がかかりません。

 

お店を作ろうとなると1000万以上の費用がかかってくるのがザラにあります。

 

しかし、マンションタイプなら100万もあれば可能ですし、テナントを借りてドライヘッドスパ専門店をやっても500万円もあれば3席以上のサロンが作れます。

 

この金額が高いという人もいるかもしれませんが、ビジネス的な観点からいえば「多少のお金」と判断出来ます。

 

 

ドライヘッドスパ専門店においての「情報」

サロン経営でいうとノウハウという部分になります。

 

実はこの情報(ノウハウ)も売れます

 

それがスクールであったり、フランチャイズであったりです。

コラム:フランチャイズ募集|ドライヘッドスパ専門店を出店開業

 

現代社会において情報というのは、ある意味「物」よりも価値があります。

 

有形商品は必要だから購入する事が多いのに対し、無形商品はより利益を得る為に購入される事が多いです。

 

所得が下がっていっている世の中で副業が全盛期の今だからこそ無形商品が売れるとも言えます。

 

 

 

参入障壁が低いという事は競合が増える

 

ドライヘッドスパは先ほど書いた通り「物」が要らないので、非常に参入障壁が低いです。

 

そうなると次の未来は競合他社がうじゃうじゃいる状態。更には値下げ合戦の価格競争が起きます。

コラム:ドライヘッドスパの価格競争が起きる理由は?駅利用者が1店あたり3万人を割ると発生

 

これは儲かるエリアで必ず起きます。

 

最終的にドライヘッドスパは60分3000円後半ぐらいのサービスに落ち着くと思っております。

 

出店するなら早い方がいいでしょう。

 

 

 

ドライヘッドスパのスクール生募集・受講情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
スクール拠点

【名古屋校】【千葉校】【東大阪校】【山梨校】

詳しい拠点は「こちら

取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

3日間 150,000円(税込)

5日間 180,000円(税込)

5日間(平日限定) 150,000円(税込)

増毛コース 1日間 130,000円(税込)

無料サービス

1・スクール前の施術体験※名古屋校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)※名古屋校で開催

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供※名古屋校のみ

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

直営サロン
【愛知県名古屋市】 ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 大須本店
【愛知県名古屋市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 丸の内店
【千葉県千葉市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 千葉店
【大阪府東大阪市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 東大阪店
【愛知県名古屋市】アロママッサージ専門店ヘッドミントアロマ
【愛知県名古屋市】発毛サロン ゼウス発毛

ディプロマ画像

教科書画像

 

 

 

堀田直義のyoutube

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる