ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

ドライヘッドスパ専門店でビラ配りやポスティングは効果ある?反響率は?

ドライヘッドスパ専門店でビラ配りやポスティングは効果ある?

 

この効果というのが、どれだけの人数を想定しているのかによりますが基本的に効果は薄いです。

 

勿論薄いのであって、無いという事はありません。

 

現に直営サロンのヘッドミントでも暇な日が稀にありますが、そういう時はビラ配りやポスティングをさせたりしています。

 

そこで体感としての反響率を教えたいと思います。

 

前提として名古屋でも屈指の商店街である大須商店街のど真ん中にあるサロンで、主にその近辺でのデータと思ってください。

 

 

ビラ配りの反響率

コロナ禍という時期になってからは一度もしていません。

 

なので、コロナ前の体感となります。

 

ヘッドミントがオープンした2019年春はタピオカが大ブームとなっており、ヘッドミントの目の前のタピオカ屋は土日ともなると50人以上が並んでいました。※今は閉店してしまいた。。。

 

そんな活気のある時期でしたので、反響率としては50件に1件ぐらいは効果があったと思います。

 

もちろんその場でご来店頂く事もありますが、じわじわとビラをもらってくれた方が増えていったイメージです。

 

 

ポスティングの反響率

ポスティングがコロナ前後でやっていましたが、どちらもそんなに変わらない印象です。

 

体感として500枚配って1件の予約があるというイメージです。

 

正直、ポスティングは効率が非常に悪いです。

 

ネットで広告を出し尽くして、次の広告先としては有りだと思いますが、第一優先じゃありません。

 

余程目に留まる様なインパクトのあるビラであったその限りではないとは思いますが

 

 

 

紙媒体の反響率は基本的に0.01%

 

よく言われているのが、ビラ配りやポスティング等の紙媒体の反響率は0.01%ぐらいと言われております。

 

要するに1000枚配って1件反響率があるレベルです。

 

新聞の折り込みチラシやフリーペーパー等もそのぐらいです。

 

ヘッドミントではそれ以上に効果がありましたが、要因として大須商店街という観光スポットだからという要因が強いと思います。

 

普通の街で同じようにやっても同じ結果は出にくいでしょう。

 

 

 

スクール生徒さんはビラ戦略の集客をメインに考えている方が多い

 

当スクールでは、生徒さんの8割が開業したいと考えてドライヘッドスパスクールの受講をされます。

 

その時に、イメージとしてどうやって集客を考えている?と聞くと、不思議な事に大多数が「地道にビラ配り」や「ポスティング」で考えていると答えるのです。

 

文中に書いた通り、紙媒体の広告は非常に費用対効果が悪いので「ドライヘッドスパ専門店を出すなら、ネット媒体のみで良い」と言ってもあまりピンと来ていない人も多いです。

 

スクール卒業生の特典として、私のコンサルタントがオープンまで無償で付いてくるというのがありますが、紙媒体一辺倒の集客をすると必ず潰れるので、辞めた方が良いとアドバイスをしております。

 

このブログを見ている方でも同じような方がいるかもしれませんので、詳しく説明するとポスティングを1000枚配るのに早くても2時間ぐらいかかると思います。

 

その2時間があれば、私であれば今皆さんが見ているこのぐらいのコラムを4つ書けます。

 

ネットのコラムは残り続けるのでストックの資産としてドンドン溜まっていきます。

 

これが紙媒体の大きなデメリットなのです。

 

ブログは残るが、紙媒体は残らないのです。

 

お金と労力をかけた割にはリターンが少ないので、どんどん紙媒体の広告は弱くなっていっています。

 

私の知る限りやって良かったと思う紙面での広告は一つもありません。

 

 

 

新聞社の発行部数が紙媒体の広告の終焉を表している

上記の図は朝日新聞社の新聞の発行部数ですが、見て分かる通り右肩下がりになっております。

 

基本的に全部の新聞社がこの様な図となっております。

 

日本のメディアの新聞がこの様な推移となっている=紙媒体も右肩下がりなのです。

 

また、新聞でなく雑誌というものも一つのブランドとして認知されております。

 

雑誌はそもそも群雄割拠で発行部数自体も少ないです。

 

サロンでは「○○に掲載されました!」と言っていますが、これはお金を払ってその雑誌に載った事をPRポイントとして宣伝していますので意味がありません。

 

 

 

ドライヘッドスパのスクール生募集・受講情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
スクール拠点

【名古屋校】【千葉校】【東大阪校】【山梨校】

詳しい拠点は「こちら

取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

3日間 150,000円(税込)

5日間 180,000円(税込)

5日間(平日限定) 150,000円(税込)

増毛コース 1日間 130,000円(税込)

無料サービス

1・スクール前の施術体験※名古屋校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)※名古屋校で開催

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供※名古屋校のみ

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

直営サロン
【愛知県名古屋市】 ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 大須本店
【愛知県名古屋市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 丸の内店
【千葉県千葉市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 千葉店
【大阪府東大阪市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 東大阪店
【愛知県名古屋市】アロママッサージ専門店ヘッドミントアロマ
【愛知県名古屋市】発毛サロン ゼウス発毛

ディプロマ画像

教科書画像

 

 

 

堀田直義のyoutube

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる