ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

ドライヘッドスパを成功させたいなら「専門性」「逆張り」「ニッチ」を理解する事

「価格よりも価値を与えなさい」というコンサルを信用してはいけない理由

 

サロン集客で悩んでいる人は、どうしたらいいか分らず何処かのサロンオーナーがやっているセミナーやコンサルタントにアドバイスを求める事が多いと思います。

 

はっきり申し上げて、セミナーとかをしている人に聞いたところで、実用できるアドバイスなんて、ほぼありません。

 

だってその人達から貰い受ける言葉って「価格よりも価値を伝えなさい」的な事をいうに決まってますからね。

コラム:安売りをするのはダメなのか?【自称コンサルタントがサロンを潰す】

 

そんなのね、皆やっているんですよ!!!!!!

 

差別化って言葉程便利な言葉はないですからね。

 

こういう時の差別化って大体オリジナルのメニューだとか、施術後のアフターサービスだとかって話になります。

 

申し訳ないですが、そのアドバイスは下の経営者レベルの発言です。

 

「価格よりも価値を伝えなさい」という戦略の何がダメかというと、皆やっているからダメなんです。

 

そもそも論として、何故大企業が差別化をしていないと思っているのか?何故アフターサービスが充実していないと思っているのか?それを理解していない事に理解が出来ません。

 

 

 

ドライヘッドスパを成功させたいなら「専門性」「逆張り」「ニッチ」を理解する事

一般的な認識 ヘッドミント
専門性 ボディケア ドライヘッドスパ
逆張り ドライヘッドスパは高い ドライヘッドスパが安い
ニッチ ドライヘッドスパのみ 発毛サロンも展開

 

ここでは、僕が生徒さんに教えている「専門性」「逆張り」「ニッチ」という言葉を教えたいと思います。

 

 

サロン経営者が覚えたい言葉1「専門性」

需要が多くても競合が多いと結局自分のサロンに流れてくるお客様は減ってしまいます。

 

そこで覚えたいのが「専門性」という言葉。

特定の分野についてのみ深く関わっているさま。 高度な知識や経験を要求されること、またはその度合い。
引用:専門性の意味・解説

 

ドライヘッドスパ専門店というのは、正しく専門性に該当するんです。

 

やはり全身のマッサージサロンは出来るメニューも多いので需要は多いです。

 

しかし、競合が多すぎるので価格競争になり潰れるのです。

 

そんな中で頭に特化したサロンというのは、専門性が高まりお客様から注目をしてもらいやすいのです。

 

ドライヘッドスパ専門店でも女性限定とか男性限定といのも良いですね。
あまり専門性を重視し過ぎてもお客様が限定され過ぎてしまって逆効果になりますので、そこは気を付けたいです。

 

中途半端にメニューを増やすのは、専門性を捨ててしまいますね。

 

メニューを増やしていいのは集客が上手くいってからの話です。

 

 

サロン経営者が覚えたい言葉2「逆張り」

サロンオーナーは基本的に頭が固いので、固定概念で頭がガチガチになっている事が多々あります。

 

サロンというにはこういうもの!と決めつける訳です。

 

しかし、経営者は「非常識こそ常識」と考えて行動しなければなりません

 

その非常識こそ「逆張り」です。

逆張り(逆バリ)とは、上昇相場のときに売って下落相場のときに買うというような、相場の流れや人気に逆らって売買する投資手法のこと。 読みは「ぎゃくばり」。 そこから転じて、一般的な事象において、主流となる意見や行動や流行に逆らうことも「逆張り」と用いられる。 逆張りに対し、相場の流れに従った売買を「順張り」という。
引用:逆張りとは 意味/解説 – シマウマ用語集

 

99人が前を向いたら自分は後ろを向くという様な思考が重要です。

 

例えば、ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントでは、高単価で施術できるドライヘッドスパ専門性を、あえて逆の格安サロンとして出店しました。

 

勿論、削れるところは削って、高単価なところは高単価でとってます。

 

その結果、ホットペッパーの担当から「ヘッドミントさんの集客状況は10段階中11段階」と言われるレベルになっています。

コラム:ドライヘッドスパ専門店で効果的な集客方法は?【サロン経営=集客】

 

一般的なドライヘッドスパ専門店は「都市部に多い60分6000円ぐらいで滞在時間が30分計算」というサロンが多いです。

 

それから考えると
・田舎で60分3000円で滞在時間が15分のドライヘッドスパ専門店
・超一等地で60分1万円で滞在時間が1時間のドライヘッドスパ専門店
という様な逆張りが考えられます。

 

 

サロン経営者が覚えたい言葉3「ニッチ」

ビジネスの現場では良く「ニッチ」という言葉が使われております。

 

日本語で表すと「隙間」。隙間産業というのを聞いた事はないでしょうか?

ニッチ(niche)とは「隙間」を意味する言葉であり、とりわけ「大手が狙わないような小規模で見逃されやすい事業領域」を指す意味で用いられることの多い語。
引用:ニッチの意味や定義 Weblio辞書 – 国語辞典

成功例でいうと「コンビニ」「大きいサイズの服屋」「民泊」等があります。

 

逆張りと少し近いですが、真逆を狙うのか隙間を狙うのかという違いがあります。

 

当店の例でいえば、ドライヘッドスパ専門店の中に発毛サロン「ゼウス発毛」というサロンがあり、他の何処にもやっていない形態のサロンとなっています。

 

このゼウス発毛が当店の隙間産業と言えるでしょう。

 

ただし、当店は集客が成功していますし、サロンブランドのコンセプトは分けているので問題ありませんが、一つのサロンに2つ以上のコンセプトがあるとそれぞれの専門店に専門性で負けてしまう可能性があるので注意が必要です。

コラム:サロン経営するなら看板メニューを絞れ【多いとコンセプトが崩れる】

 

弱小サロンの鉄則として、大手と競合してはいけないというルールがあります。
ニッチな産業が弱小サロンの生きる道と言っても過言ではありません。

 

 

 

ドライヘッドスパ専門店を成功させたいなら徹底的に競合の調査をする事が大事

 

じゃあ「専門性」「逆張り」「ニッチ」という言葉は理解したけど、具体的にどうしたらいいのか?
という疑問が出てくると思いますが、これは競合を徹底的に調査する事でしか正解が見えてきません。

 

ドライヘッドスパ専門店は地位密着型のビジネスで、ターゲットはせいぜい市町村レベルでしかありません。

 

その為、周りのサロンと相対評価になりますので、そこと比べてどうか?が重要です。

 

エリアによってサロンの強さが違いますので、正攻法で一番になれる地域もまだまだありますし、逆に相当戦略を練らないと勝てない地域もあります

 

結局、最後は自分自身で解決するしか方法がないのです。

 

私は2年間、毎日5回は競合のホットペッパーの予約情報をチェックしていますし、1ヶ月に1回はドライヘッドスパ専門店に施術を受けに行っています。

 

個人でも競合の情報を得る事は容易いので、しっかりと調査をしましょう。

 

もし、的確なアドバイスが欲しければ当スクールを受けてください。

 

卒業後は月一回の無料講習会で、私が直接具体的なサロンの方向性のアドバイスをさせていただきます。

 

サロンが出来ていなくても出店エリアのアドバイスも可能です。

 

 

 

ドライヘッドスパのスクール生募集・受講情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
スクール拠点

【名古屋校】【千葉校】【東大阪校】【山梨校】

詳しい拠点は「こちら

取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

3日間 150,000円(税込)

5日間 180,000円(税込)

5日間(平日限定) 150,000円(税込)

増毛コース 1日間 130,000円(税込)

無料サービス

1・スクール前の施術体験※名古屋校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)※名古屋校で開催

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供※名古屋校のみ

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

直営サロン
【愛知県名古屋市】 ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 大須本店
【愛知県名古屋市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 丸の内店
【千葉県千葉市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 千葉店
【大阪府東大阪市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 東大阪店
【愛知県名古屋市】アロママッサージ専門店ヘッドミントアロマ
【愛知県名古屋市】発毛サロン ゼウス発毛

ディプロマ画像

教科書画像

 

 

 

堀田直義のyoutube

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる