ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

ドライヘッドスパで開業する時に資格は必要?

目次

①ドライヘッドスパで開業する時に資格は必要?
②ドライヘッドスパのスクールを選ぶ基準は?

 

 

 

①ドライヘッドスパで開業する時に資格は必要?

 

ドライヘッドスパのスクールを名古屋と大阪で授業をしている、日本ドライヘッドスパスパスクール協会の堀田です。

 

結論から言いまして免許的な資格は必要ございません
ドライヘッドスパには国家資格はありませんので、開業届さえあれば開業できます。

 

「美容免許」「鍼灸士資格」「柔道整復師資格」等があれば、一つのアピールとして活用はできます。
実際にはそれらの免許を持っていても、技術に差が出る事はあまりないでしょう。

 

極論を言えば、マンションの一室にリクライニングチェア一つあればサロンになってしまいます。

 

ただし、右も左も分からない状態でドライヘッドスパサロンをいきなり開業しようとしても無茶な話です。

 

その為、独立や開業するにはドライヘッドスパのスクールで手技や知識を習う必要があり、そのついでとして資格(ディプロマ)が発行されます。

 

ドライヘッドスパが流行しているから波に乗っている今だったら頑張らなくても集客に困らない!
と思っている方が多いですが、そのエリアで有名なサロンの影に隠れて、集客に失敗しているドライヘッドスパ専門店も多くあります

 

 

 

②ドライヘッドスパのスクールを選ぶ基準は?

 

ドライヘッドスパのスクールを選ぶ基準としては、アフターサポートがしっかりとしている事が重要です。
普通のマッサージであれば、ある程度どこのスクールを選んでも大丈夫です。

 

しかし、ドライヘッドスパの場合だと、きちんと利益を出せる仕組みを作れているサロンが少ない かつ スクールによって手技が全く違うので、直営サロンの知名度とアフターサポートが充実しているスクールが良いでしょう。

 

特に開業を目指している場合には、手厚いサポートが必要となってくるので、経営相談も乗ってくれるスクールでないと意味がありません

 

ドライヘッドスパのスクールはよくよく探せば割と多くありますが、大半が個人サロンという形で、集客を熟知したサロンではありませんので、将来的にテナントを借りてサロン経営をするノウハウは持っておりません。

 

ドライヘッドスパはマッサージスクールの中でも手技だけみたら簡単に習得が出来る方です。
当スクールの直営サロンのヘッドミントでは4日ほどで技術を習得してデビューしております。

 

 

 

スクール情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
直営サロン ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント
取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

1日間 60,000円

3日間 120,000円

5日間 150,000円

5日間(平日限定) 120,000円

スクール場所

愛知県名古屋市中区大須3-24-21 ライオンズマンション916

大阪府東大阪市長田東2-2-1 木村第一ビル4F

無料サービス

1・スクール前の施術体験※名古屋校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)※名古屋校で開催

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供※名古屋校のみ

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

ディプロマ画像
The following two tabs change content below.
「株式会社じむや」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」3社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。