ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

ドライヘッドスパ専門店でデンキバリブラシを導入するメリット・デメリット!

デンキバリブラシとは?

 

そもそもデンキバリブラシって何?という方はまだまだ多いです。

 

簡単に言うとデンキバリブラシは「ブラシの形をした美容機器」です。

 

メーカーは「有限会社GM corporation」です。

 

一番有名な効果としてはリフトアップになるのですがブラシ状になっている為、顔だけでなく頭からリフトアップが可能で引き上がり方が他製品よりも顕著で、それが話題となっています。

 

また、薄毛改善や頭痛改善等の効果もあります。

 

 

 

実体験を踏まえたドライヘッドスパ専門店でデンキバリブラシを導入するメリット

 

ここではデンキバリブラシをサロンで導入するメリットをご紹介します。

 

 

ドライヘッドスパと相性が抜群

先程も書きましたが、デンキバリブラシにはリフトアップ・薄毛改善・頭痛解消等の効果がありますが、良く考えるとドライヘッドスパもほぼ同じ様な効果が期待できます。

 

その為、ドライヘッドスパとの相乗効果があり、非常に相性は良いのです。

 

また、ドライヘッドスパサロンは静かな空間となっており、音がうるさい機械は置けません。

 

ヘッドミント大須本店では完全個室のブースが一つあり、そこでは頭皮ピーリングといったメニューも行っておりますが、ドライヘッドスパのブースでは五月蠅くてできません。

 

その点からいってもデンキバリブラシを使用した時に出る音は「ピッ」という小さい音なので、ドライヘッドスパ専門店では許容できる範囲の音です。

 

色々機械ものを検討しましたが、効果のある機器は基本音が五月蠅いので、デンキバリブラシはおすすめです。

コラム:ドライヘッドスパのオプションや商材でおすすめなのは何?

 

 

施術単価が上がる

当協会にはヘッドミントというドライヘッドスパ専門店を直営で持っております。

 

一番人気のコースは、施術時間60分で3980円のコース。
二番人気のコースは、施術時間75分で5980円にデンキバリブラシのオプションが無料で付いてくるコース。
となっております。

 

平日でも1日1件、土日祝日ですと4件ぐらいは出ますので、月に10万円ぐらいはデンキバリブラシで+になっています。

コラム:ドライヘッドスパサロンの客単価の平均はいくら?これを知らず経営は出来ない

 

 

ブーム(流行)は去ったが、オプションの影響は少ない

体感で言うと2019年冬12月~2021年11月ぐらいまで、デンキバリブラシのブームが続いていたと思います。

 

しかし、2022年4月現在でもデンキバリブラシのオプションは出続けていますので、今から導入しても良いと思います。

 

 

 

実体験を踏まえたドライヘッドスパ専門店でデンキバリブラシを導入するデメリット

 

ここではデンキバリブラシをサロンで導入するデメリットをご紹介します。

 

 

仕入れが高い

デンキバリブラシは業務用の機器となりますが、美容機器は基本7掛け(定価の70%)が仕切りとなりますので、18万円の70%ですと126,000円が仕入れ価格となります。

 

覚悟をして導入する金額ではありませんが、実物はかなりちゃっちいので損した感があります。

 

 

デンキバリブラシの物販は期待できない。

デンキバリブラシは現在「DENKI BARI BRUSH(TM) 2.0 +BODY」という第2世代が登場していますが、ぶっちゃけで言うとこれをやってしまったらドライヘッドスパ専門店でデンキバリブラシを販売する事が難しくなりました。

 

メーカー曰はく、顔だけじゃなく体も使えるようになっただけで顔の効果は一緒と言っていますがそこではありません。

 

頭に特化していたので、ドライヘッドスパ専門店で売る価値がありましたが、ボディを使える様になったらエステサロンの方が販売力としては強くなってしまいました。

 

現に、ここ3か月デンキバリブラシの物販は出ておりません。

 

 

 

導入するならデンキバリブラシか「ヴェーダスカルプブラシ(ヤーマン)」どっちが良い?

 

デンキバリブラシの類似製品として、ヤーマンから「ヴェーダスカルプブラシ(定価99,000円)」の製品があります。

 

直営サロンのヘッドミントでは使った事はありませんが、周りで使っている人を知っていますし私も体験した事があります。

 

結論から言いますと、効果だけで見るならデンキバリブラシの方が多少良いと思います。

 

実際に私がお客様として買うのであれば、半値近くやすいヴェーダスカルプブラシを買うでしょう。

 

ただ、サロンで取り扱うとなるとデンキバリブラシの方が良いです。

 

何故かと言うとデンキバリブラシは芸能人を使った広告に多額のお金をかけており、売りやすい環境が整っているからです。

 

女性はブランド物が好きというのは周知の事実ですが、こんだけ有名なら値段が倍違ってもデンキバリブラシの方が良い!という方は多いのです。

 

メーカーが広告を打っているので、セールスをする労力が減るので後は、実際の効果だけを体験してもらえれば買ってくれやすいです。

 

ただし、先ほど書いた様にボディも使えるデンキバリブラシが登場した事により、ドライヘッドスパ専門店から買う事の優位性は失われてしまっています。

 

あくまでオプションとしての単価アップの為と思って導入しましょう。

 

 

 

ドライヘッドスパのスクール生募集・受講情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
スクール拠点

【名古屋大須本校】【名古屋丸の内校】【千葉校】【広島校】【東大阪校】【山梨校】

詳しい拠点は「こちら

取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

3日間 150,000円(税込)

5日間 180,000円(税込)

5日間(平日限定) 150,000円(税込)

発毛コース 1日間 98,000円(税込)

スクール特典

1・スクール前の施術体験  ※名古屋校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)※名古屋校で開催

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供  ※名古屋校のみ

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

8・当協会オリジナルブランド「Lix(リクス)」ヘアケアシリーズの取り扱い

直営サロン
【愛知県名古屋市】 ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 大須本店
【愛知県名古屋市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 丸の内店
【岐阜県岐阜市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 岐阜店
【神奈川県藤沢市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 藤沢店
【広島県広島市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 広島店
【千葉県千葉市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 千葉店
【大阪府東大阪市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 東大阪店
【愛知県名古屋市】アロママッサージ専門店ヘッドミントアロマ
【愛知県名古屋市】発毛サロン ゼウス発毛

ディプロマ画像

教科書画像

 

 

 

堀田直義のyoutube

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる