ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

多店舗展開のメリット・デメリットは?サロンは何店舗作れば知名度で集客が楽になる?

サロンの多店舗展開のメリットは?

 

エステサロン・リラクゼーションサロン・美容院どの様な形態のサロンでも言えるのが、多店舗展開はメリットがあるという事です。

 

ここではそのメリットを紹介します。

 

 

集客が楽になる

多店舗展開をすると知名度が上がります。そうなると集客が楽になります。

 

例えば、個人のコンビニとセブンイレブンではどちらが入りやすいでしょうか?

 

多店舗展開というのは、多店舗が出来る程の技術であったり、店舗運営のノウハウがある事も加味されますが、一番は誰でも知っているという安心感をユーザーに与え、知らず知らずのうちに顧客が集まるように誘導が出来るのです。

 

1店舗しかない場合は、あれこれと自分が良いサロンに見せようとしますが、大抵が逆効果となっています。

 

1店舗のサロンが出来るPRというのは「技術力」「ホスピタリティ」「経験や経歴」ぐらいで、抽象的なものしかありません。

 

しかし、100店舗出しているサロンの前では「でもオタクのところ、そんだけ良いと言うんだったら、もっと店舗出来ているよね?」で一蹴されてしまいます。

 

また、100店舗のサロンは技術が悪くても「100店舗もあるサロンだからこれが正解なんだ!」とお客様に思い込ませる事が出来ます。

 

多店舗展開をすると何をしても正解になりますが、いくら優れているものがあっても自宅サロンは不正解になってしまう程に、説得力の差が生まれます。

 

関連記事

 

 

求人が楽になる/人材が定着しやすくなる

こちらも知名度が高い事による起因ですが、サロンは知名度が上がり続けると「有名店」と言われる様になります。

 

飲食店の場合、有名なお店であったら「福利厚生が良い」「給料が良い」というのが応募する一番の理由になるケースが多いのに対し、有名サロンは「技術を覚えたい」「○○で働いていた格が欲しい」という理由での応募が一定数ある為、給料面でそこまで上げなくても募集が集まりやすい傾向にあります。

 

また、多店舗展開をするとエリアマネージャー/店長/その他、サロンが大きくなった時の新たなポジション等が出来る為、優秀な人材の定着が容易になります。

 

辞められた時のリスクも人数が多いサロン程ダメージは少ないので、個人店の様にこのスタッフが辞めたら潰れる!という事態にはなりにくいです。

 

関連記事

 

 

リスク分散が出来る(ドミナント戦略時)

これはドミナント戦略の場合ですが、リスク分散が出来ます。

 

ドミナント戦略(ドミナントせんりゃく、dominant strategy)とはチェーンストアが地域を絞って集中的に出店する経営戦略。ある地域内における市場占有率を向上させて独占状況を目指す経営手法。ドミナント出店、エリア・ドミナンス戦略、ドミナンスとも呼ばれる。また、日本語で「高密度多店舗出店や「集中出店戦略」と呼ばれることもある。
引用:ウキペディア

 

サロンにとっての一番のリスクは人件費です。

 

大体のサロンは基本は1対1のビジネスで、多くても1対3ぐらいです。

 

そうするとちょうど良いスタッフ数でないと、人件費で赤字になってしまいます。

 

業務委託だけで構成されているのであれば問題ございませんが、大抵はそんな事はありません。

 

業務委託も稼げない感じたらすぐに辞めてしまいますしね。

 

比較的近いエリアに2店舗があるとすると

 

  • ・今日暇な店 × 今日忙しい店
  • ・今日忙しい店 × 今日忙しい店
  • ・今日暇な店 × 今日暇な店

 

という割合になります。
今日暇な店のセラピストは、忙しい店にヘルプで行けば人件費が無駄にならないのです。

 

そうすると
1店舗の場合は、50%の確率で暇な状態ですが、
2店舗ある場合は、約33%の確率で暇な状態となり、
人件費リスクを軽減できるのです。

 

 

 

サロンの多店舗展開のデメリットは?

 

ここではデメリットを紹介します。

 

 

急転換に対応しきれない

経営面としては多店舗展開をするのがメリットですが、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の様な事が起きると個人サロンでは考えられない様な赤字が毎月発生します。

 

経営をやっていると、どうしても考えも付かない様な場所からのダメージがあったりしますので、不安要素をすべて取り除いた気でいても何かしらのリスクがあります。

 

社会情勢が一気に変わり経営戦略の急転換を求められた時に、規模の大きいサロンはなかなか舵を取り切れないものです。

 

 

経費が高い

店舗ビジネスを行うと1店舗あたりの出店コストは数百万円以上となります。

 

純粋に経費が掛かるのがデメリットです。

 

 

高単価サロンは多店舗展開が難しい

組織が大きくなればなるほど、トップの考え方をアウトプットするのが難しくなります。

 

優秀なトップの傍にいたスタッフが、指導者として優秀かどうかは違います。

 

そうすると末端のスタッフまであらゆる方針が伝わらない可能性があり、ブランドイメージを下げる可能性があります。

 

再現性という言葉がありますが、高単価を頂く様なサロンは技術や接客等の再現性が低いので多店舗展開しにくいと言われております。

 

関連記事

 

 

飲食業や小売業で得られる「仕入れ価格の低下」が無い

多店舗展開の場合に、飲食業や小売業でしたら大量仕入れによる卸価格の低下という絶大なメリットがあります。

 

これにより格安でメニューや製品を提供出来る為、自分で店舗を立ち上げるよりもFC加盟した方が圧倒的に経営が楽になります。

 

なので、FC加盟をすると結構な額のロイヤリティが発生する訳です。

 

しかし、サロンの場合は商品が人なので、そういったメリットが得られません。

 

他の部分でメリットがありますが、競合に圧倒的な差を作るにはこういったメリットがある方が良いです。

 

 

 

店舗の出店の仕方

 

ここでは多店舗展開をするときの出店の仕方を教えます。

 

 

直営店として出店する

直営店は自社が純粋に店舗を増やすだけなので、何も制限がありませんし、従業員の店舗間の行き来もスムーズです。

 

デメリットとして、自己資金の都合上、出店のスピードは遅くなります。

 

急速に成長し直営店として一気に増やすと、その反動でどこかのタイミングで必ず急降下しますので「増やしすぎて倒産してしまう」というジンクスがあります。

 

 

フランチャイズ店として出店する

フランチャイズ店は本部の看板を借りて出店する代わりに加盟金や月々のロイヤリティを払うというものです。

 

フランチャイズ盟側のメリットとしては、出店や運営のノウハウを一から構築する必要が無く、スケールメリットをいきなり得られるので非常に楽です。

 

本部側のメリットは自己資金での出店ではない為、一気に多店舗展開をする事が出来ます。

 

ただし、フランチャイズ加盟側は安くはないお金を使い出店するので、選ばれる為には魅力的な仕組みが必要です。

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントでもフランチャイズ加盟店を募集しています。

 

 

 

サロンは何店舗作れば知名度で集客が楽になる?

 

ここで疑問があると思います。

 

一体どれだけサロンで店舗を出せば、知名度が上がり集客が楽になるのか?と

 

実際に当協会の直営のドライヘッドスパ専門店ヘッドミントの事例でご紹介しようと思います。

 

結論から言いまして、8店舗目出店から1年経った時からヘッドミントという名前で多少集客が有利になった気がしました。

 

勿論、多少ですのでホットペッパービューティーを使わなくても良いレベルまでは全然いっていません。

 

個人的な予想になりますが、下記の様なイメージで考えています。

 

20店舗 ホットペッパーやその他媒体で運営すれば、ほぼ潰れない
50店舗 ホットペッパーだけでやっていける
100店舗 ホットペッパーの掲載を辞められる

 

スケールメリットがあるというのは差別化として非常に有力です。

 

 

 

ドライヘッドスパのスクール生募集・受講情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
スクール拠点

【名古屋大須本校】【岐阜校】【千葉校】【広島校】【東大阪校】【兵庫校】【山梨校】

詳しい拠点は「こちら

取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

3日間 150,000円(税込)

5日間 180,000円(税込)

5日間(平日限定) 150,000円(税込)

発毛コース 1日間 98,000円(税込)

スクール特典

1・スクール前の施術体験  ※名古屋校/神戸校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)※名古屋校で開催

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供  ※名古屋校のみ

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

8・当協会オリジナルブランド「Lix(リクス)」ヘアケアシリーズの取り扱い

直営サロン
【愛知県名古屋市】 ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 大須本店
【愛知県名古屋市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 名駅店
【愛知県名古屋市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 丸の内店
【岐阜県岐阜市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 岐阜店
【神奈川県藤沢市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 藤沢店
【和歌山県和歌山市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 和歌山駅前店
【広島県広島市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 広島店
【埼玉県川越市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 川越店
【千葉県千葉市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 千葉店
【大阪府東大阪市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 東大阪店
【愛知県名古屋市】メンズ脱毛サロンGentle Status(ジェントルステータス)
【愛知県名古屋市】アロママッサージ専門店ヘッドミントアロマ
【愛知県名古屋市】発毛サロン ゼウス発毛

ディプロマ画像

 

 

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ加盟店募集

サンプル画像

 

当協会はドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを運営しております。

全国15店舗(契約数)を展開している当グループのフランチャイズ加盟店を募集しております。

ドライヘッドスパだけでなく、他業種のサロンFCと比べてもダントツの好条件を提示しております。

話だけでも聞いてみたい!という事でも大歓迎です。

皆様のお問い合わせお待ちしております。

 

 

 

堀田直義のyoutube

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる