ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

ドライヘッドスパ専門店はプレオープンすべき?グランドオープンとの違いは?

プレオープンとは?

 

そもそもプレオープンとはどういう意味かをお伝えします。

 

プレは英語で「pre」を表し、「以前」や「前」という意味です。

 

ですので、プレオープンはオープンする前という事になります。

 

プレオープンの「プレ(Pre)」とは「その前に」という意味です。 つまり、店舗を本格的に新規・リニューアルオープンする前に店舗を試験的に営業すること。 プレオープンは、店舗のオペレーションの重要さと複雑さに応じてプレオープンを行うかどうかを判断しており、飲食店を始め店舗ビジネスのほとんどで行われています
引用:プレオープンてなんでやるの?

 

何故、プレオープンをするのかと言えば、そのサロンのオペレーションを構築する為です。

 

偏にドライヘッドスパ専門店と言っても「立地」「客層」「建物の有効面積」等によって、一緒のブランドでも全く別物となってしまいます

 

その為、既存店舗で成功したからと言って、全く同じやり方では成功しない事も多々あります。

 

プレオープンによって実際に稼働させて見て、問題点を洗いざすという役割があります。

 

プレオープンに呼ぶお客様は、取引先や友人知人等の限定された方を呼ぶのが一般的です。

 

そこで失敗したとしてもアドバイスをしてもらったりと、お客様としての本音を言ってもらいやすいという特徴があります。

 

 

 

グランドオープンとは?

 

プレオープンを行った後にグランドオープン(グランドオープニング)となります。

 

グランドの意味は「正式な」という意味があります。

 

ここからは全くの新規の方を招きいれる状態となります。

 

予め書いておきますが、プレオープンで問題点を潰してグランドオープンを万全の体制にしたとしても、最初の一か月は良いとしてもその後の客入りは芳しくないでしょう。

 

ここのギャップで心が折れてしまうオーナーは多いのでそういうもんだと思ってグランドオープンしましょう。

 

グランドオープンして最低3ヶ月~6か月はお客様が来なくても心が折れない事が大切です。

コラム:サロンを独立開業しても3か月は閑古鳥?「そんなもん」だから気にするな!

 

直営サロンのヘッドミントは初月から上がっていきましたが、それでも半年後に一段階ギアが上がったかなという印象です。

 

逆に1年で全く上がる気配がなければ、何かしらが間違っています。

 

 

 

ドライヘッドスパ専門店はプレオープンすべき?

 

しましょう。

 

特にサロン業を始めてやる人は必ずやるべきです。

 

各業界色々な特徴がありますが、リラクゼーションサロンの場合の特徴は、スタッフが職人気質という点があげられます。

 

なので、プレオープンでオペレーションの改善もそうですが、スタッフとの距離感を図るという意味合いも含まれています

 

いわゆる会社というものを経営して副事業でサロンを出店する場合、既存の社員とサロンのセラピストとの違いに困惑するでしょう。

 

サロンの場合、セラピストは人材であり商品です。

 

単純な利益構造だからこそ差別化が難しく経営手腕が問われます。

 

プレオープンでは経営者の意識も変える事が出来ると思います。

 

 

 

プレオープンの期間は?

 

大体1ヶ月という期間で良いと思います。

 

時間的な制限で月の途中で始めてしまった場合は、来月1日に合わせて中途半端に2週間とかでも悪くないです。

 

 

 

プレオープン・グランドオープンで気を付ける事

 

実は、プレオープンが長すぎるとグランドオープンするのが怖くなるという現象があります。

 

サロンをオープンさせると良くも悪くも結果が見えてしまいます。

 

その為、このままグランドオープンしてもいいのだろうか?という不安が遅い、ずるずると伸びてしまうのです。

 

サロン業をやりたがる人は慎重な人か自己資金が少ない人が多いと思います。

 

普通の数字が読める経営者でしたら、サロン業の廃業率は飲食店と同等ですので、利益がバンバンに出るという認識は薄いと思います。

コラム:サロンの純利益は売上の20%?【店舗商売で鬼儲け難しい】

 

それでもサロン業をやるのは、初期費用が少額という点が大きいでしょう。

 

小さい拠点を増やして潰れにくくするというのは戦略的にも正しいです。

 

なので、多少不安でも大きな改善点がなければ、グランドオープンをさせましょう。

 

安心してください。最初からお客様でいっぱいという状態にはなりません。

 

 

 

ドライヘッドスパのスクール生募集・受講情報

 

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
直営サロン

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP

ゼウス発毛

取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

3日間 150,000円(税込)

5日間 180,000円(税込)

5日間(平日限定) 150,000円(税込)

増毛コース 1日間 130,000円(税込)

スクール場所

【名古屋校】愛知県名古屋市中区大須3-24-21 916

【東大阪校】大阪府東大阪市長田東2-2-1 木村第一ビル4F

【山梨校】山梨県甲斐市中下条1866-24

無料サービス

1・スクール前の施術体験※名古屋校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)※名古屋校で開催

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供※名古屋校のみ

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

ディプロマ画像

教科書画像

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる