ヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込みヘッドプラクティショナー認定スクール 著名人が多く訪れる、オープン2ヶ月で黒字達成のドライヘッドスパ専門店の技術 スクール・講習 お申し込み

コラム

ドライヘッドスパ専門店をM&A(売却)したらどのぐらいで売れる?

M&A(売却)とは?

 

そもそもM&A(売却)とは、事業 または 会社事第3者に売る事を指します。

 

M&A(エムアンドエー)とは「Mergers(合併) and Acquisitions(買収)」の略です。 M&Aの意味は、文字通り「企業の合併・買収」のことで、2つ以上の会社がひとつになったり(合併)、ある会社が他の会社を買ったりすること(買収)です。
引用:M&Aとは?M&Aの基本をわかりやすく解説

 

売り手のメリット 買い手のメリット
別事業の為の資金調達 新規立ち上げにかかる費用を削減できる
不採算事業の切り離し 既存のビジネスが走っている状態で改善点が分かりやすい
後継者不在の為のリソース不足解消 赤字企業の場合は、費用が掛からない事も多い

 

M&Aは売上規模や利益だけが評価基準ではなく、自分の行っているビジュアルのシナジー性や赤字でも独自のビジネスモデルのヒントを得る等で、売れるポイント買いたいポイントは様々です。

 

特に、最近ではM&Aを見越してビジネスを立ち上げるベンチャー企業も多いです。

 

 

 

ドライヘッドスパ専門店をM&A(売却)したらどのぐらいで売れる?

 

さてここからが本題です。

 

一体ドライヘッドスパ専門店はどのぐらいで売る事が出来るのでしょうか?

 

個人的な意見では1店舗200万円~1500万円ぐらいが相場ではないかと思います。

 

  • 200万円は、トントンか少し赤字レベル
  • 1000万円は、年間300万円ぐらいの黒字サロン
  • 1500万円は、エリアでNO1サロン

 

というイメージです。

 

これを見て何か夢が無いなと思われるかもしれませんが、私個人が買うならこのぐらいです。

 

このぐらいでしか売れない理由としては、ドライヘッドスパ専門店は参入障壁が低いからです。

 

サロン系ビジネス全般に言える事ですが、正直誰でも出来てしまいます。

 

そうすると競合が出来やすく、将来的な売り上げの保証というのは出来ないのです。

 

独自のビジネスモデルを構築していたら話は違います。そのサロンにしか出来ない付加価値が高く、参入障壁が高い仕組みがあればガツンと価値は上がるでしょう。

 

独自と言ってもフワッとした技術が凄い、内装が綺麗とか全く評価点になりません。

 

関連記事

 

 

15店舗あるドライヘッドスパ専門店ヘッドミントはいくらぐらいの価値があるか?

 

まず大前提として、ヘッドミントは代表の私堀田に何か相当な事が無い限りM&Aする事はありません。

 

当協会の直営サロンでドライヘッドスパ専門店ヘッドミントというサロンがあります。

 

1年で10店舗近くの加盟がある全国で最も勢いのあるサロンですが、このヘッドミントはいくらで売れるのか考えた事があります。

 

おおよそですが、ヘッドミントに紐づいた全ての物を渡して、7000万円~1億ぐらいではないかと考えています。

 

以下理由を考察します。

 

 

評価点①|フランチャイズ本部のノウハウ

ここが一番企業にとって欲しいノウハウだと思っております。

 

フランチャイズ本部の構築は、勢いのある企業が手を伸ばしたい領域ですが、FC加盟店のサポートであったり、そもそもどうやって集めるのか?という事が非常に難しいです。

 

その為、15店舗あるヘッドミントのFC展開のノウハウは唯一無二の評価点と言えるでしょう。

 

 

評価点②|WEBやSEO対策のノウハウ

現在のGoogleの上位表示の基準は、色々な意味で大手が上位に来やすいです。

 

サイテーションと言って、どれだけネット上で噂されているかもGoogleのアルゴリズムの一つです。

 

ドライヘッドスパ業界では確固たるWEB戦略を築いているので、他のサロンとは一線を画す評価があります。

 

関連記事

 

 

評価点③|最も勢いがあり、全国シェアNo1になる可能性がある

ヘッドミントは3席以上のドライヘッドスパ専門店の中では全国シェアがNo2で、このペースで行くと来年か再来年には全国シェアNo1になります。

 

どの業界でもそうですが、No1とNo2の差がかなり大きく2倍ぐらいの売却値が違います。

 

成長性や戦略性等を見ても評価されるポイントだと思います。

 

 

評価点④|発毛事業の存在も大きい

発毛事業でサロン、スクール、自社製品等を作っておりますが、売上自体はまだ全然ありません。

 

しかし、ドライヘッドスパ→発毛育毛につなげるのは、将来的に莫大な利益を生むスキームである事は間違いないので、こっちらもセットで付いてくると価値は上がります。

 

 

マイナス点①|フランチャイズ加盟店からのロイヤリティが少ない

ヘッドミントのスピード展開の裏には加盟店からのロイヤリティが少ないという理由もあります。

 

テーマとして「自分でドライヘッドスパ専門店を出すよりもお得」を意識しておりますので、かなり条件を良くしております。

 

その為、ロイヤリティがうま味であるフランチャイズ本部ではありますが、この点をマイナスポイントだと思います。

 

内容は「ヘッドミントのフランチャイズ加盟店募集」をご覧ください。

 

 

マイナス点②|堀田直義のマンパワーに依存する部分がある

企業にとって理想は、誰がやっても同じ事が出来る再現性です。

 

しかし、ヘッドミントの場合は、SEO対策やyoutube投稿等で「堀田直義」という名前が前に大きく出過ているので、その点で私の手からヘッドミントが離れた時に、少なからずダメージがあるはずです。

 

戦略としての露出は、コロナ禍でも業績を伸ばした半面、属人性を出してしまったので、マイナス点となるでしょう。

 

関連記事

 

 

ドライヘッドスパのスクール生募集・受講情報

スクール名 日本ドライヘッドスパスクール協会
スクール拠点

【名古屋大須本校】【岐阜校】【神奈川藤沢校】【広島校】【東大阪校】【兵庫校】【山梨校】

詳しい拠点は「こちら

取得資格 ヘッドプラクティショナー
受講費用

3日間 150,000円(税込)

5日間 180,000円(税込)

5日間(平日限定) 150,000円(税込)

発毛コース 1日間 98,000円(税込)

スクール特典

1・スクール前の施術体験  ※名古屋校/神戸校のみ

2・クリスタル盾のディプロマ(5日間の受講コースのみ)

3・卒後後の月1の合同練習会(ブラッシュアップ会)※名古屋校で開催

4・実店舗での本番施術(希望者のみ)

5・ヘッドミントのオーナーによる開業前のコンサルタント

6・無料の宿泊施設のご提供  ※名古屋校のみ

7・生徒様のご希望合わせた個別レッスン

8・当協会オリジナルブランド「Lix(リクス)」ヘアケアシリーズの取り扱い

直営サロン
【愛知県名古屋市】 ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 大須本店
【愛知県名古屋市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 名駅店
【愛知県名古屋市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 丸の内店
【岐阜県岐阜市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 岐阜店
【石川県白山市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント イオン松任店 
【神奈川県藤沢市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 藤沢店
【和歌山県和歌山市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 和歌山駅前店
【広島県広島市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 広島店
【埼玉県川越市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 川越店
【千葉県千葉市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 千葉店
【大阪府東大阪市】ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントVIP 東大阪店
【愛知県名古屋市】メンズ脱毛サロンGentle Status(ジェントルステータス)
【愛知県名古屋市】アロママッサージ専門店ヘッドミントアロマ
【愛知県名古屋市】発毛サロン ゼウス発毛

ディプロマ画像

 

 

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ加盟店募集

サンプル画像

 

当協会はドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを運営しております。

全国15店舗(契約数)を展開している当グループのフランチャイズ加盟店を募集しております。

ドライヘッドスパだけでなく、他業種のサロンFCと比べてもダントツの好条件を提示しております。

話だけでも聞いてみたい!という事でも大歓迎です。

皆様のお問い合わせお待ちしております。

 

 

 

堀田直義のyoutube

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる